『ツタンカーメン展にゃ!』の記事シリーズも-第4回-です。
第4回の今回は、我が家の愛猫達のツタンカーメンの扮装を堪能して下さい!
ツタンカーメンの恰好が一番似合うのは、写真↑上のソマリのプリンちゃん
だと思います。しかし、他の猫、キジトラのマリモちゃんや
チンチラのユキポンにもツタンカーメンの恰好をさせてみる事にしました。
 
 ・ツタンカーメンは、人間の耳が付いているので
  色を塗って、取りました。変わりに猫耳を付けています。
 
 ・猫の髭がマスクの外にはみ出させるよう工夫しました。
  実際に扮装した場合、ヒゲはマスクの外に出るはずだからです。
  出来る限り、リアルにするようにしました。
 
 ・プリンちゃんの全身像は、ツタンカーメンの棺型カノポス容器ですが、
  本当の展示品より、縦を縮めています。少し、下の青系統の縞のような
  部分を削ったのです。実物は四段で、二段変更しています。
  猫が縦長過ぎるとバランスが悪いからです。
 
 
↑キジトラのマリモちゃんは、プリンちゃんの合成画像と
あまり変わり映えしません。素のままだと、そう似ていないのに、
この扮装させると、2ニャンとも、普段より似ています。
 
ツタンカーメンの個性が強いせいか、2ニャンの差が、不明慮になります。
プリンちゃんの扮装画像を親戚に携帯で送信したら、
マリモちゃんだと勘違いされました。
 
現在、プリンちゃんは黄泉の国にいるので、生きてる猫の方だと思われても
当然でしょうね・・・。こうしてつき比べても、写真のアングルが違うだけで、
同じ猫に見えない事もありませんね。
 
 
↑チンチラのユキポンの扮装です。
長毛の場合、毛が完全にマスクの中に納まっているのも変なので
ほど良くはみ出させています。それにしても、チンチラのユキポンは、
ツタンカーメンの恰好、似合わなさ過ぎです。
 
ユキポンが合成画像作るのが一番大変なのに、むくわれまん。
プリンちゃん、マリモちゃんは結構、溶け込んでいるのに、ユキポンだと
違和感あるので、あからさまに合成画像です。
 
第一、猫に見えないです。普段から、あまり猫らしい容貌ではないと思って
いたのですが、この扮装をすると、ますます猫に見えないです。
小型犬のトイプードルの扮装写真という感じです。
 
猫(イエネコ)は古代エジプトで最初に飼われ、バステト神として
崇拝されていたので、古代エジプトは、全てのイエネコにとって原点です。
猫の原点の古代エジプトの恰好させると、
ますます、普段より猫に見えないとは・・・。
 
時々、可愛い犬を飼いたいという願望もあるので、ユキポンの
ワンちゃんぽい風貌は、気にいってはいますが、この扮装はちょっと・・・。
やはり、ピンクのフリルとかが似合うでしょうか・・・。

Twitterでフォローしてニャ♪

おすすめの記事