長毛種「ペルシャ」はオシャレ猫♪
美しさを保つのにお手入れが欠かせないニャンよ!

https://cat.blogmura.com/cat_picture/ranking.html にほんブログ村
 猫絵・猫漫画 ↑クリックして下さると嬉しいニャンです!(*´艸`*)
https://blog.with2.net/link/?1794002:1348 人気ブログランキング
こっちも、クリックして下さったら、とても、とても在り難いニャンです。

白猫ユキポンは長毛ペルシャの一種…「チンチラシルバー」にゃんです!
画像のペルシャ猫さん達は、右がユキポンの友猫のモコちゃん♪そして、そのお兄ちゃん猫のルネちゃんですニャ。

******チンチラシルバー******
さも猫種のように書いてるけど、本当は色・柄の事!
ユキポンも友猫さん達と同じペルシャですにゃ!
つまりユキポンと友猫のモコちゃんは、同じ猫種なのニャン!
チンチラシルバーは柄の事にゃのに・・・。
まるで猫種のように言いがちニャンですね・・・。
 
ユキポンの猫種はペルシャ!
同じゴージャス・ペルシャにユキポンも加えて欲しいニャン♪
尚、チンチラシルバーは、ペルシャの色柄の事なのに、半ば猫種のごとく語るのが慣習化している現状ニャンです。だから普段は、チンチラシルバーのユキポンと紹介するのが一般的ニャンですね・・・(~_~;)。
ちなみにキュートなモコちゃんの飼い主さんのErinaさん!
素敵な猫ブログをやっていますニャ!
飼い主のErinaさんのブログは以下のリンク↓
[猫・ネコ・ねこが大好き!]
http://www.nekodaisuki3.com
何と、友猫のモコちゃんの家は、モコちゃん含め・・・
モフッモフッのペルシャが3ニャンもいるペルシャン城ニャン!
・・・尚、ペルシャ3ニャンの他に・・・スコティシュの女の子レナちゃんも数ヶ月前に友猫さんの家の家族に加わったらしく・・・
このレナちゃんも、やや長毛気味なので、モフモフ4ニャン家族となっているようニャンです。
 
ペルシャ猫はモフモフ豪華ニャン♪

ユキポンは、モコちゃんと共に女子同士、

オシャレトークで盛り上がっている友猫だニャンよ!
オシャレな長毛猫は、ちゃんとブラッシングやお手入れしなけらばいけないニャンね。フサフサの美しい被毛を保つ為に!
ペルシャはフサフサの毛が命!
でもユキポンは、この春に大事な被毛が「毛玉」だらけになったニャン。
ユキポンの毛は細く柔らかいので、毛が絡まると、フェルトのようにつづくれ「毛玉」だらけになりやすいニャンよ。
特に冬の間に毛の量が増毛するペルシャ猫は・・・
毛が増えた分、「毛玉」になりやすく・・・(↓増毛ユキポン)
冬の最中、どんどん「毛玉」が増殖!
そして春先になると気が付けば「毛玉」だらけにゃんね・・・。

そろそろ毛玉カットを・・・

そして飼い主達が、毛玉だらけのユキポンの「毛玉カット」をしよう!・・・と言い出したニャ!

そこで「動物病院」にでもユキポンを連れて行き「毛刈り」してもらおう!・・・という相談をしているのを・・・・・・
 
ユキポンは聞いてしまったニャ・・・!
ユキポンは、自慢の「フサフサの毛」を刈り取られるのが嫌ニャンです!
ペルシャの女の子にとって「被毛」は大事ニャン!
「モフモフ」なくしてペルシャとしてやっていかれないニャ!

ユキポンの忌まわしき過去

2年前、動物病院毛玉カットされ、女の子として大事な被毛を失い・・・

みっともない「鶏肉」みたいな姿にされるのは嫌ニャン!

ユキポンは友猫のモコちゃん家にこっそり家出ニャン!

動物病院のお医者さんに連れてかれ・・・
こんなひどい丸ハゲにされたら困るから、当分、かくまってもらうニャンよ・・・。

●カットしにゃいと・・・
もつれた毛で「皮膚呼吸」も出来なくなるのです!
毛玉が出来たら、ちゃんとカットしなければなりません。

友猫モコちゃんの先輩猫エポお兄ちゃんの場合

ちなみに友達のモコちゃんの先輩猫さんのエポお兄ちゃんも
最近、短くカットしたそうです。
ペルシャの一番の自慢の毛をカットしても・・・
結構、可愛いですね(^▽^)/
ユキポンは、友猫モコちゃんに
過去にどういう姿にされたか具体的に示す為に
「カット後の写真」を見せます。

写真を見たモコちゃんは絶句!↓
うぅ、確かに猫以外の異生物二ャン・・・(-_-;)
《モコちゃん》
「鶏肉」みたいで・・・刈り方もボサボサの「トラ刈り」!
女の子なのにあんまりニャンね・・・。

でもカットしないと・・・
出来た毛玉のもつれで、皮膚が引っ張られ、ユキポンちゃんの皮膚の健康はダメになるニャン。

でも「鶏肉」では、あんまりニャンねぇ・・・

《友猫モコちゃん》

ユキポンちゃんを救う方法は、ないかニャ~???

モコちゃんの考えた「いい考え」とは・・・
動物病院の先生はカット専門の美容師ではないニャンから
「トラ刈り」は、仕方ない事にゃんよ・・・。
あくまで皮膚の健康を保つのに必要な処置「毛玉カット」をやるだけで、美しく綺麗にカットする専門家ではないニャンね・・・。
 
・・・動物病院の中にはトリマー(ペット美容師)のように
優れたカットの腕の先生もいるから病院によって
差があるものニャンね・・・。
ユキポンは、友猫のモコちゃんのアドバイスどおりに・・・
 
今回は、犬猫用の美容院にして
毛玉を美しくカットしてもらうニャンです!


ブログサークル・猫友のブログのリンク紹介にゃん((≡゚♀゚≡))
https://blogcircle.jp/commu/202/topic/2
ブログ更新しました!♡今日の愛猫日記♡ | ブロトピ | ブログサークル
『猫・ネコ・ねこが大好き!』 
↑ペルシャの3ニャンがモフモフ可愛いニャンよ♪何とモデル猫にも・・・。
『ロシアンブルー 猫の物語』←グリーン・アイが特徴ニャ。
『野生児ばんざい!』←猫&猫絵も金魚も見られるニャン♪
『ラムネときなこのキャッツな日常』←オッドアイの2ニャン娘ニャ♪
『ニャ菓子製菓』←タイトルの通り節々で猫のお菓子作りに挑戦

楽しい猫川柳の輪

#楽しい猫川柳の輪 👆上のバーナーをクリックしてニャン

 

コメント一覧
  1. ウラジーミル・アスポン より:

    いぬあたま様②:
    毛玉事件は2年前で、今回は、少なくとも2年前よりマシかと・・・。
    猫もキツネさんみたいにちゃんと生えかわりますし、毛は伸びます。
    長毛の子は毛が絡むので手入れが必須です。
    冬毛のユキポン見てると丸で、現在(細)と大違いです。
    チンチラはペルシャの一種で、毛の色の事であって、猫種のように言うのは
    厳密には間違いでも、半ば猫種のように語るのが日常的ですね。
    モコちゃんと同じ猫種に見えないですよね・・・。結構、顔の感じとか毛の質に違いを
    感じます。モコちゃんの方が毛が豪華ですし、顔が赤ちゃん顔です。ユキポンは鼻が長い顔です。
    ↑一部、違う猫種と認定している団体もあるようで・・・!
    井村屋の小豆バーは、チョコミントアイスと共にうちの冷蔵庫に今、あるコンです。

  2. ウラジーミル・アスポン より:

    メーテルピンク様:
    2月16日と言うと、冬毛まっさかりの頃です。一年でも一番、ご立派な時期です。
    この時最高潮のモフ毛も・・・春の3月半ば過ぎると抜け毛のシーズンになり減っていきます。
    この立派な毛のおかげで冬のユキポンは、キジトラの短毛マリモちゃんよりずっと大きい猫に見えてます。
    名前の通り雪のようですよね。雪ダルマみたいに丸いです。
    毛玉・・・。冬の増毛のせいで、春先は多量の毛玉になりやすいのです。
    毛玉と言えば、以前の「鶏ガラ」の事、当然、御記憶ですね・・・。
    ユキポンには悪いけど、これは、笑えます。
    どう見ても、焼く前の鶏肉にソックリなのです。
    長い子が短くすると滑稽な姿になってしまうものです。
    今回、ちょっとしつこいぐらい、この図を出してしまいました。
    3枚も「鶏肉ユキポン」を載せて、女の子なのに・・・
    ユキポンさんにはすまないです。
    ちなみに2年前の鶏肉ユキポンは獣医さんがやったからヒドイ姿になったけど
    腕の確かな美容師がカットした場合は、残念ながら(?)ここまで面白い姿にはならないです。

  3. ウラジーミル・アスポン より:

    紅玉様:
    どうせ毛は伸びるし、2年前の「鶏肉」みたいな珍妙な姿も結構可愛いし面白くもあったのですが・・・
    女の子だと思うと、やはり不憫でした。
    獣医さんがやった為、トラ刈りです。治療行為の一環としてのカットなので、美しく綺麗に切り揃えてません。
    ユキポンも女の子なので、これではあんまりかと思い、今年は、美容師さんに毛玉カットを依頼しようというお話です。
    しかし、カットした後の姿は寒々しいですね。下を向いてしょげている感じもしますし、毛布に優しく包んであげたくなるという優しいお言葉、嬉しいです。
    毛玉カットは自慢の被毛を失うものの、毛がもつれて皮膚を引っ張り、皮膚の健康を害しているので、やらざるをえない状態です。
    お友達のペルシャのモコちゃんのアドバイス通り、せめてトリマーさんにお願いして、綺麗に均一な長さに短くしてもらい、「鶏肉」でなくオシャレな「短毛猫」さんにしてもらう事になりました。

  4. beautygate55 より:

    こんにちは、Erinaです~😺
    ①友猫としてうちのペルシャ猫4にゃんの
    モコちゃん、ルネちゃん、エポちゃん、
    そして今年新しく家族になった新入りの子猫
    スコティッシュフォールドのレナちゃんをお友達として
    掲載くださり、誠にありがとうございます😺
    もうお写真の工夫とセリフがピッタリマッチで
    ほのぼのとしながらも、この度、ユキポンさんの
    毛刈りのことで、過去にこのようなトラ狩り?!
    まるで鶏肉みたいなお写真を拝見してびっくり\(◎o◎)/!です。
    笑えて笑えてしまってごめんなさい🙇(笑)😸
    わぁ~ん💦これは、ユキポンさんは女の子にゃのに、いくらなんでも
    ちょっとあまりにも可哀そうでしたね。ホントに毛布にくるんであげたいー!
    わが家のモコちゃんはやっぱり女の子だから特別扱いしています(笑)
    けっして丸刈りとかにしたことはないので\(◎o◎)/!
    そうとう激しい毛玉だったかもしれないですが~😿
    たぶん、その時のユキポンちゃん、きっとトラウマになってるかもですね

  5. beautygate55 より:

    ②ペルシャ猫は換毛期が年に2回春と秋にきますが、冬にホント
    もっふもふのゴージャス猫ちゃんになりますものね🎶😺
    でもやっぱりどうしても毎日のブラッシングが必須なのですが、
    やりにくい箇所があったりして、モコちゃんも毛玉できてどうしようもないところだけ
    カットしてシャンプーしてもらっています💦
    女の子だからって飼い主はやっぱりそう思うんですよね~🎶😺
    男の子のエポちゃんは、今回はさすがにもっふもふだったけれど
    なんともならないくらいに毛玉できて、はい!写真のようになって
    それでも三分刈りというものです。動物病院でも直接獣医さんがやるのではなく、
    ベテランのトリマーの人がいて、見た目もあまりひどくならないように配慮して
    くれてる感じです。エポちゃん、子猫みたいになっちゃって、可愛く書いていただいて
    ありがとうございます😺男の子なら、もうこれでいいのです
    エポちゃんとルネちゃんは、前にも三分刈りで。。。
    でも、女の子となると抵抗ありますね。

  6. Erina より:

    ③ワタシ飼い主もやはり「三分刈りはやめてください」と言ってあるので、モコちゃんは、見栄えはずっと変わらずに特にカットをしてるのは、割と見えにくいお腹周りとか両股の間とかです~(笑)
    チンチラシルバーのユキポンちゃんと友猫にしていただき嬉しいです。
    そうなんですよね。ペルシャ猫の一種としての扱いなのですが、
    今は、チンチラペルシャという猫種が別というように思ってしまいますが、
    チンチラはお目目のアイラインがくっきりしていますよね。
    チンチラシルバーはもともと高貴な猫ちゃんです😺
    マイペースで温厚な性格がうちのモコちゃんと同じような性格の気がします~🎶😺
    今までもけっして「フー」と言って怒ったこともない子ですよね!
    ユキポンちゃんが愛おしいです💖😻
    ユキポンちゃんのきもちを考えると「トラ狩りはあんまりニャ!」
    ともふニャン会長のモコ様がおっしゃっていますので、ここでも
    お伝えさせていただきます(笑)
    おんなじペルシャ猫の友猫として、
    今後のユキポン祭り=ユキポンちゃんがプリンセス記事、

  7. Erina より:

    ④続き、ユキポンちゃんがプリンセスとして登場が相応しので、
    またまた今後もユキポンちゃんのお姿を楽しみにしていますね💖😺😻

  8. ウラジーミル・アスポン より:

    Erinaさん①:
    随分前に写真使用許可を頂いたのに記事の更新遅くてすみません。
    絵のグループ展など日付が過ぎたら、不都合な物を優先させました。
    しかも「春のユキポン祭り」なのに、既に6月。春で無くなっています。
    春の事を書いたので、一応「春のユキポン祭り」ですが・・・。
    モコちゃん、ルネちゃん、エポちゃんのペルシャの3ニャンと新入りのスコティッシュのレナちゃんの4ニャンをお友達として紹介させて頂きました。
    同じペルシャで女の子同士なので主にモコちゃんを取り上げました。写真漫画の都合で時期も全部バラバラの中から合うポーズを見つけながら作りました。
    Erinaさんは、今年のユキポンが、どうなったかは既に御存知ですね。
    今年は、短いけどまともな姿ですね。
    過去には酷いトラ刈りで、毛を抜かれた鶏肉のようにされました。
    獣医さんのカットで、長さも不揃いです。
    ユキポンには悪いけど、滑稽で笑える写真ですね!
    でも、女の子としては、汚い刈り方で、あまりに可哀想です。
    しかも三分狩りより短くて、完全に地肌が丸見えで鶏肉みたいです。

  9. ウラジーミル・アスポン より:

    Erinaさん②:
    本当に寒々しくて、毛布に包んであげたくなりますね。
    元が長いから短くなると、寒さを強く感じます。
    人間でも女の子の方が見た目に配慮しますね。猫も同じですね。
    そういうわけで、Erinaさんも女の子であるモコちゃんは特別に配慮しているのですね。
    丸刈りは、女の子には、可哀想ですよね・・・。いくら毛玉があっても・・・。
    モコちゃんは、短くなったお兄ちゃん猫を見て、過去に眉をしかめているというような記事がありましたね・・・。
    トラ刈りにされたのは、被毛を自慢のペルシャとしては、かなりトラウマになっているに違いないので、ユキポンの気持ちを写真漫画で代弁しました。
    写真漫画では、モコちゃんの家に家出して毛玉カットから逃れようとしているぐらいユキポンは毛玉カットが嫌だという話になってます・・・。
    ペルシャの換毛期の春と秋は抜け毛のシーズンですね。
    冬のゴージャスな時期が一年で一番、可愛い時期ですね。
    でも、ゴージャスに増毛した分、毛玉になりやすいですね。ブラッシングしてても完全に毛玉を防ぐ事は難しいですよね・・・。

  10. ウラジーミル・アスポン より:

    Erinaさん③:
    モコちゃんのように比較的、ブラッシング=飼い主様とのスキンシップと考えているようなブラッシングを好む子でも、あまりやらせてくれない箇所がありますね。
    お腹とかは嫌だと思います。どうしても毛玉になってしまう箇所がありますね。
    毛玉が出来てもモコちゃんは、女の子なので必要最低限のカットやシャンプーだけですますのですね。やはり、女の子にとって被毛(髪)は命ですよね。
    一方、男の子のエポちゃんの方はバッサリいきましたね・・・(;´∀`)。
    モフモフの被毛から三分刈りの短毛猫に・・・。
    でも可愛い短毛猫になったと思います。過去の鶏肉ユキポンのように見苦しくされてはいませんねぇ・・・。
    実は、エポちゃんの件では、動物病院の先生がずいぶんトリミングが上手だ感心していました。そうではなく、ベテランのトリマーさんが動物病院内にいらっしゃるのですね。
    だから、動物病院なのに、綺麗に毛が揃っていたわけですね。
    謎が解けました。
    エポちゃん、本当に結構、可愛い気がします。ゴージャスとは違った魅力です。
    毛がない分、小柄に見えて子猫みたいですね。

  11. ウラジーミル・アスポン より:

    Erinaさん④:
    今年のユキポンも子猫みたいになりましたし、エポちゃんとお仲間ですね。
    今年はトリマーさんに頼み、毛の長さも均等に切り揃えたので、短毛の白猫さん風で、別な魅力が出ました。今の姿も結構、気にいってます。小柄な感じで・・・。
    そういえば、以前は、ルネちゃんも三分刈りのエキゾチックになってましたね・・・。
    エキゾチックみたいになり、別な魅力はあるものの、やはり被毛(髪)が命の女の子となると、飼い主様が抵抗を感じる気持ち分かります。
    長い毛を切るのは、かなり惜しまれる事ですね。ペルシャの最大の魅力ですし・・・。
    特に第1回目に切ると聞いた時は、かなり抵抗がありました。毛は伸びるけど、半年ぐらいかかります。半年は猫にとって2年に相当するので、悩ましいところです。
    モコちゃんの時だけは「三分刈り」を止めてもらうよう、必要最低限、目立たない場所のカットにとどめているのですね。お腹や両股は刈っても目立ちませんね。
    今回モコちゃんをチンチラのユキポンの友猫さんとして登場させて頂きました。

  12. ウラジーミル・アスポン より:

    Erinaさん⑥:
    さすがにモコちゃんは乙女です(n*´ω`*n)。ユキポンのトラ刈りを嫌がる気持ちを理解してくれています。ゴージャスな被毛のもふニャン会長だけの事はあります。
    トラ刈りにならないように、モコちゃんのアドバイス通り、今年は美容院で毛玉カットを依頼します。短くなるのは避けられないとしても、綺麗に切り揃えてくれます。
    次のユキポン祭りで、プリンセスとして登場できるように、美観を損なわない所にカットをお願いしたいですね。ペルシャ猫は、オシャレ猫の代表です。
    お互い、女の子としてオシャレを精進していきたいですね(^▽^)/

  13. anne より:

    チンチンラシルバーの猫さんは毛がとても柔らくて毛玉になりやすいのにブラッシング嫌いな猫さんが多く、ユキちゃんみたいに丸刈りにされちゃってる猫さんのブログを結構見たりします。
    そうですね、病院でカットされるより、ちゃんとした美容院トリマーさんにして貰った方がお洒落にしてもらえそうですね^^♪
    それにしても鶏の丸焼きの様なユキポンちゃん・・・
    ごめんね、お気の毒と思いながら何度見ても笑っちゃいますぅ~(≧ω≦o)
    うん、うん、トリマーさんにお願いしましょう( ̄m ̄〃)プッ

  14. nacchi0000 より:

    わー懐かしい写真ですね(笑)
    そのカットされた後のお写真が衝撃的で
    覚えております
    よくライオンみたいにカットされた長毛猫殿をネットとかで見かけて
    お洒落カットなのか、飼い主さんの趣味なのかそんな感じに思っていた時期があります
    以前のウラジミールさんの記事を読んで
    あ、そういう事だったんだって納得したのも思い出しました
    毛玉になってしまうのは可哀想ですね
    それにしても、お友達の猫さまは可愛らしく美容院でカットされていますが
    それを見ちゃうと、以前カットしてくれた病院の先生の腕はかなり…あれですね(笑)
    毛が伸びるまで時間かかりますし
    ユキポンちゃん、どうか可愛くカットしてもらえますように(;^_^A

  15. ウラジーミル・アスポン より:

    anne様①:
    チンチラは毛玉になりやすい毛質なくせに仰る通り、ブラッシングが嫌いなのです。
    ブラッシングする時に絡まった毛が引っ張られて
    痛い為、ブラッシングを尚更、嫌がるのです。
    増々、毛玉がひどくなるのに・・・。
    あんまり酷くなると全部、丸刈りですね。
    特に春から初夏にかけてカットした猫さんをあちこちの
    ブログで見かける事になりますね。
    病院の先生はただの治療としてカットするだけなので
    長さも揃ってなくて散切りにされました。
    2年前は、鶏肉そっくりな姿にされ・・・
    もう苦笑する以外なかったです・・・(;・∀・)。
    カットの専門家の美容師さんならオシャレにしてもらえるので
    今年は美容師に頼み、マシな刈り方になりました。
    既に別ブログでご存知と思いますが、今年はまともなカットですね。
    更新、遅れに遅れてます・・・(;´∀`)。

  16. ウラジーミル・アスポン より:

    anne様②:
    ジェルちゃんが洗われる風呂場をルンちゃんが様子を
    覗き見しているのが面白いです。
    猫洗いされちゃいますと、ルンちゃんと
    みんちゃんが似て見えてしまいますね・・・。
    ルンちゃんは、ちょっと明るめのキジトラゆえ、
    ちょっとソマリっぽいと思った事が過去にあるぐらいです。
    こうして、いっぺんに3ニャン洗ってしまうのですね。
    記録にもちゃんと残されているのですね。
    私もちゃんと記録に残しておけば良かったです。
    シャンプー回数は、徐々に減っているのですね。
    若い時は、油っぽかったんですね。
    2013年迄は年4回以上ですね!
    そういえば、顎に黒い青春のシンボルのニキビの
    ようなものが過去にはあり、
    今はおさまっていたでしょうか・・・。

  17. ウラジーミル・アスポン より:

    ルナ♪ さま:
    訪問&ナイスのポチ♪ありがとうございます!

  18. ウラジーミル・アスポン より:

    muminn 様:
    訪問&ナイスのポチ♪
    ありがとうございます!

日記の関連記事

Twitterでフォローしてニャ♪

おすすめの記事