もう3回にわたり愛猫プリンちゃんとの初めての旅行について書かせて頂きました。
プリンちゃんは連れて行きましたが、観光自体は人間だけでして、
宿泊予定の旅館「弁天荘」に併設する施設「ジョンの家」にプリンちゃんを預けていました。

飛騨大鍾乳洞に行った後で、まっすぐプリンちゃんを引き取りに「ジョンの家」まで行きました。
ジョンという名称からして、犬を主に預ける所だという事は想像がつきましょう・・・。
ジョンは猫には、まずいない名ですよね・・・。宿で飼っていた犬にちなんでの名称だとか・・・。
気の毒にプリンちゃんは、猫専用の場に預けられてはいたものの十二分に犬の鳴き声の聞こえる
所だったせいで、恐くてゲージ内にさらにバリケードのように置いたハード・キャリーケースから
一歩も出れずにすくんでいたようです。
その間、ご飯もトイレも全くしてないのです。

プリンちゃんと同宿する「弁天荘」の部屋に着いてからも、すぐにはキャリーケースから
出ようとはしなかったのです。そこにいれば安全だという感じで・・・。
さすがに私達もいるから、しばらくしてキャリーから出ましたが・・・。
長時間、キャリーケースから動かず同じ体勢でいたプリンちゃんは足がしびれたようで
キャリーから出た直後はヨタヨタしました。
その後も落ち着かず、いつものご飯やトイレの準備もしといたけれど、相変らず何もしません。

夕食の時間になり、食事の間(何故か食事の部屋が別にあります。家族単体での食事で大勢と同席
しないのに)に連れて行きましたが、お刺身などを欲しい素振りは
したものの、全く口につけません。
お腹はすいているのに、預かり所での恐い思いや環境の違う場所での食事に対応できない
プリンちゃんは何も食べずじまいでした。

このまま、食べないトイレも行かないでは身体に悪いと心配していましたが、夜9時45分頃に、
さすがに我慢出来ないのか、食事をしたプリンちゃんでした。これで、もう安心です。
トイレでの、おしっこも1回で、かなりの量です。よほど尿を溜め込んでいたのです。

宿「弁天荘」は、今までの宿泊ペット&飼い主の写真がほとんどロビーの廊下に貼り付けてありますが
その廊下には、可愛い狸が2箇所飾ってありました。↑上の写真では、そのうちの1つだけ載せました。
宿泊ペットを見ていると、ほとんど犬でした。全部の写真を見たわけではありませんが
猫は2匹しか私は見ませんでした。後、フェレットやうさぎもいました。飾りきれない写真や違う階の
廊下に猫の写真もあったかもしれませんが・・・。
猫も宿泊可の宿でも猫の泊り客は少ないので、私達はけっこう努力したのだと思いました。

最後、宿をチェックアウトした時、宿「弁天荘」の慣習どおり、プリンちゃんと私達の写真を撮りましたが、本当は少しの間とはいえ完全に締め切った空間じゃないところで、プリンちゃんをキャリーから
出すのは不安でした。逃走の危険がありますので・・・。抱っこは嫌いな猫たんです。
でも、写真を撮るわずかの間なら、抱っこの上手な母がしっかり掴んでいれば大丈夫でした。
周囲で犬が吠えてくれたおかげで、プリンちゃんは恐くて私の母にしっかりしがみつき
逃走の不安なく撮影出来ました。くやまれるのは、この時、自分のデジカメを旅館の人に渡して
撮影を頼まなかった事です。次回、宿泊時に写真を自力で探せばもらえるそうですが・・・。
私の気が回らなかったので、宿でのプリンちゃん写真は部屋と食事の間だけになりました。

コメント一覧
  1. チャミママ より:

    プリンちゃん、何かと大変なことが多かったんですね。家のチャミも初めて泊まったペットホテルで、えさも食べず、おしっこもせずということがありました。我慢するのは大変だけど、環境が変わることはもっと大変なんでしょうね。プリンちゃん、お疲れ様でした。

  2. sak*ras*ku*00*nen4*atu より:

    チャミママ様:やはりチャミちゃんも同じような症状になったんですか。猫って環境の違いに慣れるまでが大変ですね。しかし、1泊2日じゃなく連泊ならプリンちゃんも慣れて楽しんでくれたような気がします。いつも散歩したり連れまわされている犬なら、すぐに楽しめるけど、猫には時間が必要みたいです。

  3. KAN より:

    ぷりんちゃん頑張りましたね~、やはり猫は人より場所になれないとなかなか難しいんですね、我が家は実家の両親に家に来てもらい世話を頼んでいますが本当は安心できる猫シッターさんが見つかると良いと思っています、色々大変でしたが良い旅でしたね、ポチ

  4. sak*ras*ku*00*nen4*atu より:

    KAN様:猫を預けているのではなく、面倒を見に来てもらっているとはいいですね。猫は環境の違いが苦手で、案外違う人間の世話でも大丈夫っぽいですから、理想的ですね。
    しかし知り合いには、1ヶ月もトレーラー旅をしている老猫も
    います。めまぐるしく環境が変わる事に対応できる、その猫は
    めずらしく、普通はプリンちゃんみたいな反応だと思いました。

  5. 綾波マミ~ より:

    やっぱり猫ちゃんは環境の変化が苦手なようですね。
    プリンちゃんお疲れ様でした。やっぱり我家が一番ですよね。
    ゆっくりと休んでください。
    プリンママさんの旅行記を読んで、マミ~も旅行したくなっちゃいました。

  6. sak*ras*ku*00*nen4*atu より:

    綾波マミ~様:猫は環境の変化は苦手でも、慣れ親しんだ2匹同士なら1匹だけより不安は少ないかもしれませんので旅行出来そうなら
    ぜひ、してみて欲しいです。猫よりも2ニャンも連れて行く
    マミ~様が大変過ぎるかもしれません。プリンちゃんだけだから人間は、大変ではないけど猫が負担に思ったようでした。

  7. - より:

    プリンちゃんと一緒の旅行大変でしたね。ペット預かるところがあるのですね。プリンちゃん旅館で一緒に泊まったのですね。面白い
    お話、ポチです。

  8. sak*ras*ku*00*nen4*atu より:

    クーすけ様:人間はさほどでもないけれど、猫はとっても大変だった
    と思います。旅行という事を知らぬまま、環境の違うところで
    猫にとって得体の知れない動物(犬)の声の聞こえるところに
    預けられ、本当にパニックになったようです。
    でもペットとの旅行は楽しいので、又したいです。

  9. 天使と猫 より:

    猫は環境が変わるのを一番嫌うので、やはりトイレを我慢する場合が多いですね。ちゃんと出てよかったですね。

  10. sak*ras*ku*00*nen4*atu より:

    天使と猫様:ずっとトイレを我慢してたから、トイレでない場所におもらしされてしまう嫌な予感もありましたが、無事トイレにおしっこしたのでひと安心でした。

  11. 天使と猫 より:

    そうなのよ、犬と違って猫はほぼ絶対に失敗はないね。トイレに関しては子猫だって素晴らしい。★時々当てつけにふとんにウンチをされた、という人がいるけど、これは理由があってわざとね。

Twitterでフォローしてニャ♪

おすすめの記事