12月1日(火)のお昼12時昼48分頃に、我が家の愛猫プリンちゃんが
6歳9ヶ月と3日で亡くなりました。
当日は、近所の祖母を我が家に呼び、お寿司をとって通夜をしました。
翌日は、葬儀でしたが、父だけは会社に行きました。
猫が亡くなっても忌引きは適用されないからです。
でも、何とか父は早退する事にして、大事な猫の葬儀に立ち会えました。
葬儀といっても列席者は私と母と父だけです。
このように猫が亡くなっても、忌引きにはならないし、葬儀は飼い主だけです。
そうなると、当然、御香典もありません。
一緒に育った家族なのに同等ではない状況です・・・。
そんな折、gorogoro様よりプリンちゃん宛てに、故猫を偲ぶ為の御供物に
清楚な御花を送って頂いたのです。
私と父と母は大感激です。
人間なみにに扱って頂いた事に感謝しております。
プリンも丁重なご配慮を頂いた事を喜んでいると思います。
尚、上の遺影はプリンちゃんが一番、元気で体調の良い時の写真です。

コメント一覧
  1. KAN より:

    優しい方ですね、
    忌引きは無理ですよ、お気持ちは分かるけど、

  2. sak*ras*ku*00*nen4*atu より:

    kan様:
    おっしゃるとおり忌引きは無理なので、父は早退にしたのです。
    会社に行く前は列席さえ諦めて、プリンちゃんの事は頼む
    と言ってたぐらいです。

  3. 天使と猫 より:

    お父様もかわいがっていらっしゃったのですね。家族みんなに愛されてプリンちゃんは幸せね。
    素敵な花束とプリンちゃん、とてもよく似合っていますね。
    悲しみは時薬を待ってくださいね。

  4. sak*ras*ku*00*nen4*atu より:

    天使と猫様:
    プリンちゃんは女の子だから父の事を恋人のように思っていたよう感じの時もありました。(本当は孫を甘やかすおじいちゃんと思っていたのかも…)そして、私と母は口うるさい母親という感じでしたね。

  5. *ゴロ より:

    冬毛のプリンちゃんですね。素敵な写真。
    私、プリンちゃんを見るまで、ソマリって見たことがなかったんですよ。名前も確か・・プリンちゃんママに聞いて初めて知ったと思います。ですのでソマリと聞くとプリンちゃんの顔が真っ先に浮かびます。これからもそうでしょう。。
    お花の事、記事にしてくださってありがとうございます。
    お花の写真をメールで見て、なぜ黄色を入れたんだーと思ってましたが、こうして見るとプリンちゃんの毛色にマッチしてて少しホッとしました。ご家族の皆様もどうかお体ご自愛くださいませ。

  6. sak*ras*ku*00*nen4*atu より:

    gorogoro様:
    プリンちゃんの為にあるような御花に感激です。
    どうもありがとうございました。今日は初七日だから御心の込められた素晴らしい御供えの花があって本当に良かったです。プリンちゃんの好きなウナギを家族で食べ、花と遺影の側に
    供えるつもりです。
    私が思うところのプリンちゃんのイメージカラーはオレンジやイエローでした。実は、葬儀の際も御花屋さんのセレクトの他に、私が選んだ黄色の大きなマリモのような菊を持たせたぐらいです。

コメントを残す

Twitterでフォローしてニャ♪

おすすめの記事