昨日、12月7日(月)はプリンちゃんの初七日でした。
プリンちゃんが大好きだった鰻を近所の百貨店で買ってきました。
愛猫プリンちゃんを偲んで皆で食べました。
 写真の鰻に夢中なプリンちゃんは、随分前の元気だった時の写真です。
鰻の蒲焼は、味も濃いし猫の健康に良く無いから、元気だった時はたまにしか
食べさせませんでした。
 プリンちゃんが鰻の蒲焼が一番の好物だと知ったのは、
病気になってからでした。
病気になると食欲も減り、好みがうるさくなり元気な時に比べあらゆる食べ物を
食べれなくなりました。
食欲がなく、少々害があっても食べなければ、ますます体力が落ちて、良く無い状況の時でも
鰻だけは自ら食べたのです。
 鰻の中でも消化の良い、レトルトの鰻をあげました。写真にも写っている
名古屋土産の『ひつまぶしの里茶漬け』をネットで2度ほど購入して
鰻の部分だけあげていました。
このような状況下になって、プリンちゃんの真の好物が分かりました。
しかし、元気な時の好物は範囲が広いです。

鰻蒲焼 サンマの缶詰  マグロや鮭の刺身 鮭・あじ・ヒラメ・鯛の焼き魚や煮魚 
カニ風味かまぼこ おかか   魚ソーセージ  茹でた海老
生クリーム  シュークリームやパンの中の人工的で甘すぎなカスタード等…

あまり好きでないのは、鶏肉やヨーグルトや牛乳
   ※乳製品でも生クリームは好んでいました。しかし、甘くない牛乳や酸味のある
    ヨーグルトは決して食べませんでした。

【結論】プリンちゃんは甘党でした。鰻の蒲焼やサンマなどの甘味の強い味を喜んで
食べていました。猫は甘味を感知しないという一説もあるが、甘味を感ずる能力はありそうです。

プリンちゃんも一緒に食べられるように遺影の前に鰻を御供えしました。
側にはgorogoro様から頂いた御花と福岡に住む母の妹から送られてきた供物のお菓子が
添えられて、プリンちゃんも人間のように大事にされて満足でしょう。
きちんと初七日になり感謝しております。

猫のプリンちゃん日記URL:http://blogs.yahoo.co.jp/sakurasaku2005nen4gatu

コメント一覧
  1. チャミママ より:

    プリンママさん、大変ご無沙汰しておりました。
    パソコンが修理から戻ってきて、プリンちゃんのことが気になって来てみたら...突然の訃報に驚いております。
    6歳9ヶ月と3日、あまりにも短い猫生でしたけど、プリンちゃんはご家族の皆様をはじめ、たくさんの方々に愛されて幸せだったと思います。(下手な文章ですみません。文章にすることで、すごく冷たい言葉にしているような気がして、申し訳ありません。)
    ショックで何度も記事を読み直しました。プリンちゃん..ブログ始めた頃からずっと知り合いで、たくさんの可愛い姿を見せてくれたのに、それがもう見られないとは..。
    チャミのときもショックでしたが、チャミの半分も生きていないプリンちゃんが逝ってしまったこと、もっともっと悲しいです。
    プリンちゃんのことはけして忘れません。プリンちゃんのご冥福をお祈りします。気の利いたことが書けなくてすみません。

  2. 綾波マミ~ より:

    昨日が初七日でしたか・・・。
    大好きな鰻を食べることが出来て、プリンちゃんはとっても幸せだったに違いありません。
    先日ラスカルの体重増加の事を記事にしましたが、缶詰を食べるのが何よりも楽しみにしていたのに、それを無くしてしまうのがとても可愛そうで・・・。
    病気になったら美味しいものも食べられなくなると思うと今のうちにたくさん食べさせてあげたいのが親心ですが、ここは心を鬼にして、成人病にならないようにしないといけません。
    ラスカルを見るたびにプリンちゃんのことを思う毎日です。

  3. *ゴロ より:

    初七日が過ぎたのですね。
    ご丁寧なお気遣いをいただき恐縮です。
    うちの主人がプリンちゃんのお写真をみて、
    「可愛い顔してるね」と言っておりました。
    あまり他所の猫ちゃんを褒めることがないので珍しいことですね。。
    それとプリンちゃんの好物、沢山!
    誕生日とかにテーブルに並んだ御馳走をみて、人間用だと思いこんでましたが、プリンちゃんの好物も入っていたのでしょうね。
    家族のみんなに沢山愛されて、プリンちゃんはとても幸せだった事でしょう。

  4. sak*ras*ku*00*nen4*atu より:

    チャミママ様:
    暖かいお言葉ありがとうございます。
    昨年、先に猫の天国へ行ったチャミちゃんの元へ、プリンも
    住人として仲間入りしたので、先輩猫として親切にしてくれて
    いる事と思います。
    思えば、チャミママ様のところも、うちも同じ12月にお別れを
    迎えています。急激に寒くなる季節なので、病気の子には
    持ち堪えられなかったのでしょうか・・・。
    それにしても、未だプリンちゃんの声や
    爪を立ててシャリシャリ引っ掻くような音が
    聞こえるような気がしたりします。

  5. sak*ras*ku*00*nen4*atu より:

    綾波マミ~様:
    ラスカルちゃんの姿を見て、プリンちゃんの元気だった頃を
    思い出します。ラスカルちゃんが好物の缶詰を食べられないのは
    可哀想ですね。動物は食べるのが生きがいだから我慢させるのは
    大変で辛いです。ラスカルちゃんとは逆で、プリンちゃんは
    少しでも太らせて体力を維持させる為に、何が何でも栄養を
    つけて食べさせていました。
    時には、食欲のないプリンの口に療養食を
    ねじこんでました。猫に好きでもない療養食を食べさせたり、
    逆に欲しがっている子を我慢させるなど、食事のコントロールは
    大変ですね。ラスカルちゃんが成人病にならない事をお祈りします。

  6. sak*ras*ku*00*nen4*atu より:

    gorogoro様:
    ご主人様がプリンちゃんの事を誉めていただき嬉しいです。
    無事に着いてホッとしました。
    過去記事のプリンちゃんの誕生日などのお料理は、プリンちゃんの
    誕生会といいながらも、ほとんど人間用でした。でも、プリンちゃんも食べられるお刺身を必ず用意していましたし、生クリームを
    デザートに舐めていました。
    猫の身体に良いケーキを真面目に作るとしたら、山羊の乳とチーズなどを使う事になり材料の入手が困難です。
    牛の乳糖を分解できない猫にとって、あまり良く無いものの、
    せめて猫の好まない成分が一切入っていないチーズケーキを
    作った事があります。猫用のつもりなので、
    人間にはメリハリのない、あまり美味しくないケーキでした。
    (お砂糖は半分以下、バニラエッセンスやレモン汁は抜き)

  7. 天使と猫 より:

    もう7日も経ちますか。
    プリンちゃんは鰻が好きだったのね。今度はたくさんもらって大満足してるかも。

コメントを残す

Twitterでフォローしてニャ♪

おすすめの記事