遅ればせながらお雛祭りの記事ニャ♪

猫絵・猫漫画 ↑クリックして下さると嬉しいニャンです!

https://blog.with2.net/link.php?1794002:1348  人気ブログランキング
こっちも、クリックして下さったら、とても、とても在り難いニャンです。



ソマリのプリンちゃん キジトラのマリモちゃん

チンチラのユキポン 3ニャンは猫の女の子にゃ♪

ブログ「猫ヶ洞池本舗」始まって、初めてのお雛祭りにゃので、
平成28(2016)年のお雛祭りは豪華にやりましたニャ!
今回のお雛祭りの記事は、タイトルにその①
あるように続きモノですニャ。
記事を作るのが大変なので一度に更新できないニャン(-_-;)

↑猫柄の苺ババロアケーキ
飼い主は、数年前のお雛祭りの時期にお寿司屋さんで買った
ちらし寿司の空き容器を取っておいて苺ババロアを
流し込んだのニャ♪ 何でも取っておき過ぎて部屋が片付かず、
よく叱られている飼い主ウラジーミル・アスポンだが今回は
活用したからマシな方だにゃぁ・・・(;^ω^)

本物の苺
を買いに行くのが面倒な飼い主ウラジーミル・アスポンが、たまたまあった苺ジャム苺ババロアにしたニャ。

猫は食べないから分からないけど、飼い主たち家族には、結構おいしかったそうニャ~よ。それに苺洗う手間もなく楽ちんニャン♪
------------------------------------------------------------------


苺ババロア
【材料】

苺ジャム180g レモン汁 大さじ1
ゼラチン10g(5g×2袋)  お湯(ゼラチンを溶かす)100cc 
生クリーム200cc    牛乳200cc 

1:苺ジャム
&レモン汁でミキサーにかけるニャ
2:100ccの湯で溶かしたゼラチンを「1:」に入れてミキサーに
  かけるのにゃ。
3:生クリーム&牛乳各200ccを更に投入して更にミキサーに
  かけて空き容器に流して冷やし固めて完成ニャンよ♪

------------------------------------------------------------------
 【デコレーションに使用した材料】 
チョコペン:茶(輪郭)黄色(瞳)ホワイト(目の光)
      ピンク(耳・首輪・リボンなど)
市販のホィップクリーム :
チョコ(ソマリのプリン先輩&キジトラのマリモちゃんの土台)
白(チンチラのユキポンの土台)

長毛はやりにくいです!(飼い主ウラジーミル・アスポン)
尚、一色に加工した過去に作った『猫顔の立体ケーキ』の画像は、超短毛のマリモちゃんが一番簡単です。プリンちゃんはギリギリ。ユキポンに至っては『立体ケーキ』は絶対に無理かも・・・



和菓子も作ったニャ♪↓
この椿餅は「中原淳一の幸せな食卓」
という本の32ページの昭和26年のレシピ
「乙女椿」を重箱の大きさに合うよう分量を2倍にして作ったものです。20個作り、15個収納し5個余りました。

椿の葉が元気過ぎて、餅から剥がれてしまうので
飼い主ウラジーミル・アスポンは大変だったそうニャンです。実は、数年前にも作ったのですが、その時は、そんなに剥がれませんでした。椿の種類が違うのかもしれませんニャ・・・。

以下に、椿の葉で苦戦した様子の画像が
ありますニャンよ

参考文献について
「中原淳一の幸せな食卓」
------------------------------------------------------------------
中原淳一氏が手掛けた雑誌「それいゆ」「ひまわり」
「ジュニアそれいゆ」「女の部屋」などに掲載されていたものを
再掲載して編集構成したものですニャ。
昭和20年代~昭和40年代の古いレシピで面白いのニャン♪
------------------------------------------------------------------
余談ですが中原淳一氏は飼い主ウラジーミル・アスポンが好きな
 イラストレーターですニャ。多才な方で画家・デザイナー・編集者であり、ファッションデザイン、インテリア、ヘアメイクなどマルチに手掛けたそうですニャ。




次回は・・・

その②「お料理編にゃ♪
更新は数日後かもしれないニャ。

飼い主がこの記事画像作るのに結構

時間かかったそうですニャ。


コメント一覧
  1. 藤川祥久 より:

    ブログ開設後初のお雛祭りということで、ものすごく気合い入ってますね!
    手描き3ニャン入りババロア、とても美味しそうです。
    デザートを作り慣れていて憧れます。
    私は大雑把なのでどうも大味なものまでしか作れないです。
    ユキポン、手こずっただけあって素敵な笑顔ですね!
    椿餅は華やかでおいしそうです。
    椿の葉は写真でも光沢が強くて、元気なのが伝わってきます。
    この時間に見るとどうも間食したくなりますね・・・!
    とてもナイス!です。可能なら一人で5ナイス!はポチっているところです。
    料理編も楽しみでして、カニ、どんな反応をしたか気になるところです。
    中原淳一氏はドールも手がけておられたようで、本当に多才な方ですね。
    ファン登録しさせてもらっているのですが、なぜか投稿更新リストに掲載されるのが数時間遅れていて、拝見まで時間かかっています。
    そもそも更新が表示されない方もいて、不具合の原因も分からず、少し困りものです・・・。

  2. nacchi0000 より:

    すごーい!!
    豪華なお雛祭りだったのですね
    ケーキ、買ってきたのかと思いました
    しかも3つも作ったなんて
    素晴らしい
    なるほど、チョコとホイップクリームでで猫様を書いたんですね
    かわいいです♪
    確かに長毛の子は、描きにくそうですね
    椿餅はじめて見ました
    これもお手製とは、すごいです
    このての葉っぱは浮きますよね~
    馴染まない材料だとなおさら難しいですね
    綺麗な色に仕上がりましたね

  3. ウラジーミル・アスポン より:

    藤川祥久様:
    新設ブログという事もあり、張り切ってしまいますね。
    3ニャンの部分はチョコなので、食べれる絵です。もっと上手く描けるようになりたいです。
    ババロアは簡単だけど美味しいです。焼くケーキより手間がかかりません。
    ユキポンは、私の漫画イラストではこういう閉じ眼のニッコリ顔が多いです。一方、他の2ニャンは、寝る時以外、開いた眼で描いてます。
    椿餅は、葉っぱがしっかり緑で艶があるので、見た目は鮮やかですが、その葉が剥がれるのが大変です。
    丁度、お昼に近い時間帯ですね。料理の画像は確かに見ると、お腹すきますね。
    ナイス、ありがとうございます。そう言って下さるだけで、5ナイス、もらった気分です。
    料理、蟹は蒸しただけですが、値段から考えるとこれが一番高価で贅沢品です。
    蟹好きマリモちゃんが、大喜びしました。
    中原淳一氏、確か・・・最初はドールの個展から始まった方です。
    藤川さんもドール製作もされてて共通点がありますね。

  4. ウラジーミル・アスポン より:

    藤川祥久様:
    私の記事の更新リストが遅いのは不具合とは違うかもしれないです。
    下書き状態(非公開)にして、公開にしたのが真夜中でした。
    更新時刻は非公開でも最初に保存した時刻が表示されるようです。
    昨日は、画像を用意していたものの、書いてる途中に画像を追加したくなり、非公開保存にして、画像加工をCLIPで編集し、再び、書き始めるという行為を2回もしました。追加画像は、椿餅の葉が剥がれやすい事を示した画像と、中原氏の本です。
    追加したのは、文を打ってるうちに、画像無しでは椿餅の問題は、意味不明だと感じたからです。中原氏の本は単なるレシピ本ではなく好きなイラストレーターの本だからです。
    それに昨日、文が異常なほど、行間が空き、直そうと格闘していたので、時間がかかりました。記事を書いてる時は、空いてないように見えるのに、保存した後、見ると空いてて・・・。
    表示されない方に関しては本当に不具合ですね。
    尚、藤川さんの夢日記で、更新が表示さないままだった事が少し前にありました。私はコメント入れたものの、マイページに表示はないままでした。

  5. ウラジーミル・アスポン より:

    nacchi様:
    今回はブログ用に張り切りました。猫の女の子の為というより、ブログの為です。nacchiさんのように、キャットフードで製作の猫様たち用ご飯を作ってはいないです。
    でも、ご馳走の中に猫様の好きな蟹やエビがありますけど・・・。人間も食べるけど、それが猫様用です。
    ケーキ、市販の本当なら使い捨てにする容器を利用したので、作っている工程の画像がなければ、買ってきたババロアに自分で猫の顔を描いたみたいですよねぇ。
    チョコペンは、冷えたら固まるタイプと、柔らかいままのタイプと二通りで、私が使ったのは冷えたら固まるタイプです。
    厄介なのは、ババロアの表面が冷たいので、すぐチョコが固まり、何度も溶かさなければならなかった事です。柔らかいタイプを買ったのですが、家に沢山、固まるタイプがあり、そちらを先に使ったのです。
    椿餅、巷では見ないでしょうね。やってみて思いましたが、あまりにも餅になじまないので、厄介でした。だから普及しないのだと思いました。桜は塩漬けですが、塩漬けになる前でも柔らかいので、なじみやすそうです。
    でも、椿は色は、生の葉なので綺麗です。

  6. TETURO より:

    こんにちは(^-^)
    すいません、コメ遅くなってしまいました(^^;;
    凄い!豪華過ぎる!( ̄◇ ̄;)圧巻!
    ご自分でここまで作られるのは
    ちょっと凄過ぎます!
    これはもはやお店出せるレベルですよ(o^^o)
    椿餅は初めて聞きました!
    お写真みると、とても美味しそうです!
    家族の皆さま喜ばれたでしょうね~( ´ ▽ ` )
    猫様達への深い愛情がババロアのお顔の完成度の高さに
    しっかり表現されていますね!
    お店のプロの人が作ったものかと思いましたよ。
    次の豪華なお料理篇楽しみですね(*^o^*)

  7. - より:

    こんばんは~!
    今回の内容!すごいです!!すごすぎです!!!
    いつもながらの3ニャンの画像のトリミングと、今回はお料理編!
    本を見て想像するのが精いっぱいなウプですが、実際に作ってしまう所がすごいです。
    椿餅、初めて聞きました。
    でも、椿の葉っぱって…
    (桜餅は塩漬けした桜の葉ですが…)
    葉っぱは食べられるのですか?
    次回のお料理編楽しみにしてます!
    あっ
    カニがのってたので…マリモちゃん…
    ユキポンや、プリン先輩は好きな物ないのですか?

  8. ウィリアム王子(本人) より:

    絵とか画像加工だけじゃなくて料理も凄いな!
    ビックリしすぎてなんて言えばいいか分かんないよ。

  9. ウラジーミル・アスポン より:

    TETURO様:
    記事の更新日時は7日ですが、非公開で書きかけで保存した時の日時であり、実際に公開したのは8日なので、コメント遅くはないですよ。
    ちなみに、料理は全部、私が作ったのではなく、一部は母が作り、市販の惣菜も足して、食卓を埋めました。
    尚、生春巻きや茶わん蒸し、ちらし寿司、お菓子2種が私の作成したものです。
    料理の種類が多いほど豪華に見えると思い、食べきれないけど、品目を多くしています。残り物は、翌日に持ち越す事になるので、日持ちしない物をパーティー当日で食べています。
    椿餅は中原淳一氏の本の情報で私は知りました。今回、大成功で、美味しく仕上がり、特に母が褒めてくれました。
    猫への愛をババロアで感じて頂けたなら、嬉しいです。ちなみに、お店のプロに猫のイラストを渡してデコレーションケーキを頼んだ事が数年前、あります。プロだと、猫の顔のみならず、花のデコレーションもするので、素晴らしいものになるけど、値が張ります。
    次の料理編も宜しくお願いします。

  10. ウラジーミル・アスポン より:

    ウプウアウト様:
    猫の女の子3匹がいるのでお雛祭りは豪華に・・・と思いました。
    この料理も手間でしたが、画像加工、記事編集も結構大変でした。
    この記事の編集にかかった時間で、もう何品か作れるぐらいです・・・。
    中原淳一氏の本、レシピによっては、料理のイラストがあるのですが、椿餅は文字だけでした。
    そのせいで、私は間違えた作り方で、苦労した事がついさっき判明しました(涙)。
    皆さん、知らないとおっしゃるので、椿餅はどこにも売られてないのか気になり、調べました。
    和菓子屋のサイトの画像を見たら・・・。
    桜餅のような包み方ではなく、一つの餅の上下に椿の葉がついていました。
    ちなみに、椿の葉はただの飾りでして、桜餅のように葉は食べられないし、香りが餅に移る事も、ツルツルなのでありません。見た目だけです。
    今回は、マリモちゃんの好きな物だけです。プリン先輩は鰻の蒲焼が好きですが、鰻は色が茶色なので、パーティー料理には向きません。ユキポンは、ほぼキャットフードだけ食べる子で、食に関心の薄い猫さんです。

  11. ウラジーミル・アスポン より:

    八兵衛様:
    料理については、ふだんは、あんまりしません。行事の時ばかり張り切る「節句働き」です。
    パーティー料理のような華やかなものが好きです。
    絵を描くような感覚で、色合いにこだわって、献立を組み立てています。
    とにかく見た目重視です。味は二の次な感じですが、今回は味も悪くありませんでした。
    ときに、見た目のみで、完全に味を犠牲にしている巷で話題の「虐待キャラ弁当」のような料理も作っていました(笑)。
    料理もスゴイと言って頂き嬉しいです。
    雛祭にしては、派手にやりましたから、ビックリして頂けたようで嬉しいです。

  12. メーテルピンク より:

    お早うございます。
    ひし形のババロア、ナイスです。
    椿餅もすごいですね。こんなの作ってしまうのですか?
    驚きました。

  13. ウラジーミル・アスポン より:

    メーテルピンク様:
    朝早くおこし頂き、ありがとうございます。
    雛祭のお菓子は、どんなの作ろうかお菓子作りの本を見ながら考えてたら、どれも難しそうなのばかりで、困りました。
    そこで、お菓子作りの事は、一旦考えるのを止めて、雛祭の飾りになるような人形を探している最中に、数年前の雛祭で買ったひし形のちらし寿司の空き容器が見つかりました。
    だから難しいお菓子は止めて、ひし形の空き容器を利用した一番簡単なババロアになったのです。
    ひし形のおかげで手間いらずで、雛祭らしさが出せてラッキーでした。
    椿餅、今日、「椿餅」で検索して分かった事ですが、味は申し分ないけど、葉のつけ方は、間違ってた事が判明しました。Σ(゚д゚lll)ガーン

  14. ウィリアム王子(本人) より:

    色合いってのは重要だもんな
    毒だかなんだか分かんない(笑)ようなアメリカのお菓子とかは番外です。

  15. ウラジーミル・アスポン より:

    八兵衛様:
    今回は色合い、一応綺麗に出来てたようです。
    色合い、確かにやり過ぎると、大変な事になり、食べるのが怖いような代物になります。アメリカのは、食用色素がスゴイので、食べられるのか、疑問な物ありますね。今回の私のも、割と鮮やかですが、一応、食べ物になってそうです。
    実は、何年か前にこの記事にもある「椿餅」を作った時は、食紅の入れ過ぎで、桃色ではなくショッキングピンクになり、食べ物としてはヤバい感じでした。
    でも、ピンクや赤なら、未だ食べ物ですが、青色系は、もう毒のようで、ダメですね。青は自然界には、あまりない人工的な色なので・・・。

  16. - より:

    こんばんは!
    ↑ちょっと見させてもらいました。
    昔、ファミマから、スライムまん(肉まん)が出て…
    青かったのです!
    ウプはそれを3つも買って…
    友人達と食べました。
    おいしい!という記憶はないですね(笑)(^^ゞ
    昔、きつね団子を作ったとき、カレー粉を着色料の代わりに使用したこともあります。
    機会があれば、ブログにあげますね。

  17. ウラジーミル・アスポン より:

    ウプウアウト様:
    青いスライムまん、確かに話題になったので、聞いた事があります。
    でも、実際に買われたのですね。うちは、近くに、ファミマはなかったですから、興味は持ちましたが買わず・・・です。
    しかも、3つもキワモノを購入とは、なかなか遊び心をお持ちのようですね。
    青だけは、食用色素の中でも、やばいですよ・・・。
    ブルーハワイというかき氷や、ソーダなら青でもいいんですが、肉まんやケーキとなると、食べれるかどうか怖くなる色です。
    美味しいという記憶はないそうですが、実際には、ふつうに美味しい肉まんでも、色のせいで、余計に不味く感じた可能性高いです。
    昔、狐団子を作ったとは、是非、ブログで拝見させて頂きたいものです。
    カレー粉なら、香辛料のターメリックの色で、黄色いだけだから、ナチュラルな着色で健康的ですね。人工着色料だとしても、黄色は、自然な色なので、結構、派手にやっても、青のような拒絶反応は起きないです。

コメントを残す

日記の関連記事

Twitterでフォローしてニャ♪

おすすめの記事