画題「ユキポンと羊さんの毛刈り」
猫絵・猫漫画 ↑クリックして下さると嬉しいニャンです!

https://blog.with2.net/link.php?1794002:1348  人気ブログランキング
こっちも、クリックして下さったら、とても、とても在り難いニャンです。


5月18日火曜日に神戸市立六甲山牧場に
行きました。
----------------------------------------------------
丁度、六甲山牧場では羊の毛刈りが行われていて
こういうイラストを描いてみました。
実は、牧場をイラストを描こうと思ったのは、
某ブログで私が牧場に行く前日に牧場のイラストを
描いていた為です。何だか不思議なものを感じ
創作意欲がわきました。
----------------------------------------------------
余談ですが・・・その某ブロガーさんがマク◯ナルドの記事を
出した時も、その日にマクド◯ルドを数ヶ月ぶりに
食べていたのでした・・・。

↑ソマリのプリン獣医師先生が
ユキポンの長い毛をバリカンで刈る場面です。
(写真の上に描いた絵は後ろ姿で分かりにくいけどプリンちゃん)
六甲山で羊の毛刈りを見た時、4月初旬の
ユキポンが毛玉だらけになって獣医さんに
チンチラ特有の自慢の長毛をバリカンで
ジョリジョリ刈られた場面が頭によぎりました。
六甲山牧場は5月、毛刈りの時期なのか・・・?
-----------------------------------------------
ハゲっぽい羊さんが多いので、丁度、現在は
少し毛が伸びてきたとはいえ相変わらずハゲ気味な
猫のユキポンさんを彷彿させるものがあります。
-----------------------------------------------
ユキポンさんは家を出て牧場に住む??
毛刈りされ羊に似てしまい・・・
------------------------------------------
現在、六甲山牧場はペット不可なので、
上手に羊のフリができなければ追い出されます。
------------------------------------------
 ※過去にはペット可でした・・・。
しかしユキポンがバリカンで刈られてから
1ケ月半ぐらいなのでだいぶ伸びました・・・。
------------------------------------------------
実は、毛を刈られてから、フードをよく食べるように
なったので、栄養がつけて早く毛を伸ばそうと当のユキポンも
育毛の為の努力をしているみたいです。
------------------------------------------------
羊はセーターの原料にされ、ラムやマトン、ジンギスカン鍋など、
人間の為にいろいろ使われていて、捨てるところなしです。
かわいそうでもあるけど、この世は弱肉強食なので
それも仕方ないでしょうか・・・。

尚、六甲山牧場の近くには「六甲山ホテル」があります。
羊の「ジンギスカン料理」が名物ですが、
この六甲山牧場を使うのかは不明です。
六甲山牧場で可愛い羊を見学した後、もしかして
この牧場かもしれないものを、直後食べる
事になりますね・・・(-_-;)。

今回は、「ジンギスカン料理」は食べていませんが、
そう考えると・・・「う~ん・・・」という感じです。

かくゆう私は、昨日はジンギスカン、今日はラム肉
ステーキと何故か2日たて続けにを食べたのです。
可愛姿写真を公開したその日Σ(゚Д゚)!
食べているのです・・・。 

あぁ、羊さん、ごめんなさい・・・。

コメント一覧
  1. 藤川祥久 より:

    オーバーオールでカントリースタイルのプリン先輩が容赦なく後輩のユキポンの毛を刈り取ってる構図が笑わせてくれました。
    厩舎からのぞくポニー君や、背景の味わいがある感じの建物のおかげで、飽きさせない、面白いイラストになっていますね。
    こういうワンポイントを仕込むと、何というか絵の世界観が深まります。
    よく見るとマリモちゃんもホルスタインスタイルなんですね、こだわりを感じます。
    男性に毛を刈られてる羊君が春画の人物みたいな何ともいえない顔をしているのがジワジワと腹筋にきました。
    このイラスト、本当に力の要れ具合が絶妙で面白いです。

  2. 藤川祥久 より:

    ふさふさな動物は毛刈りされると本当に劇的ビフォーアフターしますね・・・!
    私も通いの喫茶店でピンシャーとマルチーズの混合のわんちゃんを知っているのですが、毛が伸びてるとその子は毛むくじゃらのシュナみたいなのです。
    ・・・それで毛を刈るとイケメンの小型ドーベルマンみたいな褐色ボディが現れて、スゴくイケメティックチェンジしたな~!と思ったのでした。
    羊君も例に漏れず哀愁漂う姿になりますね。
    ユキポンもふさふさ感が戻ってきて何より、食に興味の薄い感じだったユキポンが食欲増してきたのは、ケガの功名といえるやもしれません。
    羊君は何もかも、持っているもの全部利用され尽くしてしまうんですね。
    でも、美味しい部分だけもらってあとは捨てるような事をされている動物もいますし、ペット産業で商品みたいな一生を過ごす動物もいることを考えると、生命に敬意を払った態度ともとれてシビアな現実を感じますね。

  3. - より:

    おはようございます。
    今回は、お出かけ記事なんですね!
    結構、ウプも絵に描いた事を実際でやるという事が多いですよ。
    (というか、あったことを描く事も多々…)
    羊は今の時期が毛刈りなのですね。
    人間も、体毛がふさふさであまり服を着なくてもよければいいのに…とか思ったりもします。
    そんな羊さんに交じっての、ユキポンの記事。
    何か…来年もユキポンは、毛刈りがある事を指している様な?気が?…
    絵の方では、プリンちゃんがユキポンの毛を刈ってますね。
    まりもちゃんが牛なのが可愛いです。
    牧場は、ペット同伴禁止なんですね…
    おそらく、病気の持ち込みとかを心配されたのでしょう。
    そういえば、刈られたユキポンの毛は…
    今はどうなっているのでしょう?
    すでに、何かに加工されたのですかね?
    これから夏本番ですが…
    ねこちゃん達は…暑さは大丈夫なのでしょうか?
    夏場は猫達を見たことがあまりない気がして、どこで何してるかが気になったまでですが…

  4. - より:

    去年きつね村に行ったのがこの時期でした。
    狐たちの一部では、夏毛に生え変わっている最中でしたね。
    それを考えると、ユキポンは、冬まで元には戻らない気がします。
    でも、ユキポン本人は、食欲旺盛で…なんですね。
    猫を食べる事は聞いたことないですね。
    羊は…
    案外、ウプ、食べたことないのかもしれないです。
    イノシシや、馬はあるのですが…
    弱肉強食って、やっぱり怖いですね。
    人に生まれたのが良かったのやら…どうやら…
    流石にそのお肉の写真はないのですね。(笑?)

  5. ウラジーミル・アスポン より:

    藤川祥久様:
    ユキポン毛刈りのイラストは数週間前から描こうと考えていて、美容師風のプリン先輩も考えたのですが、牧場に行ったのでカントリースタイルになりました。
    後輩のユキポンはプリン先輩には逆らえないので、泣くしかないのですよ。
    本当は牧場なら牛も登場させるべきですが、小屋みたいなのから首を出すなら、普通、お馬さんですから・・・。風景には建物がある方が自然だけよりサマになりますね。
    今回は、アナログなので、スッキリした線ではない分、味わいは出やすかったです。
    ワンポイントを仕込む、その考え方、参考になります。これからも意識したいです。
    マリモちゃんが牛さんの服を着ているのに気付いて下さいまして嬉しいです。
    実は、こういう服を丑年賀状の為に作り、プリン先輩に着せて年賀状にした事があるのです。マリモちゃんには実際には未だ着せていません。
    奥の毛刈り羊の表情も細かく見て下さったのですね。春画の人物みたいな顔とは、嬉しくなる言葉です。、藤川さんは、言葉の表現が豊かですね。
    力の入れ具合と言えば、草は適当などムラがあります。

  6. ウラジーミル・アスポン より:

    藤川祥久様:
    ユキポンには悪いけどフサフサなユキポンの劇的ビフォーアフターは、彼女を飼った時からずっと見たい姿でした。
    犬の場合は、実は長毛だという犬多いですね。シーズーなど刈られた姿で見る事が多い犬種もいて本当の姿に驚きますね。
    ピンシャーとマルチーズ全然違う個性の犬の掛け合せはシュナウザーみたいとは可愛い系ですね。
    ピンシャーの毛色はドーベルマンと同じでいたね。刈った姿は、カッコいい系に変貌を遂げて同じ犬が違う犬種みたいで楽しいです。
    羊も絵や年賀状は必ずフサフサですから、ハゲっぽく可哀想です。
    ユキポン、本来の姿に戻ってきましたが、短毛も気にいっていたので惜しくもります。
    動物にしてはあり得ぬほど食に興味が薄く、心配な時もありました。毛の短くなった事はよほど堪えたようです。確かに怪我の巧妙ですね。
    仰る通り、全てを無駄なく、利用するなら、命を大事に頂いた事になりますね。象牙だとか、毛皮だけとかもありますね。ペットで終わるなら未だマシで、ペット産業は売れ残りを殺す場合もありますね。それに引き換え、全てを有用に使われる羊はマシですね。

  7. ウラジーミル・アスポン より:

    ウプウアウト様:
    私の予定を全く知らなかった筈のウプさんの絵と、私の出来事がほぼ重なる偶然が近いうちに2度もあった事に驚きです。他のブロ友さんとは、特に重なった事はないのですよ。
    人間もフサフサなら洋服選びで悩まずにすみ助かります。羊は毛刈りの時期で、毛刈り現場を目撃して牧場に行って良かったです。尚、犬猫でも5月や6月にサマーカットと言って短くする事があるから毛刈りの時期は同じですね。ユキポンの場合、単に手入れを怠っていて、未だ寒い時にやりお気の毒様。来年、毛刈りをやるか微妙です。以前にサマーカットをした事はありますが、今回のように地肌が透けるほど短い乱切りではなく暑さ対策程度でした。
    絵はプリン先輩ですが実際には獣医さん!美容師ならマシでした(涙)
    マリモちゃんの服は、実はプリン先輩に着せた事のある手作り服で、彼女は着てないです。
    牧場のペット不可は病気の持ち込みもありますが、飼い主がのマナーの悪さも原因です。リードを外してはいけないのに、外した結果、大型犬の場合、本来は牧羊犬な犬種の場合、羊を追い回し噛み付く事もあったそうです。

  8. ウラジーミル・アスポン より:

    ウプウアウト様:
    刈られた毛、未だそのままです。猫毛もフェルトに出来るらしいので、取っておいてはいますが・・・。とりあえず材料だけ揃え作らない事が多いです。
    猫は、家の中の一番涼しい所に自分で行くので基本的には大丈夫のはずですが、去年、マリモちゃんは熱中症になり通院したので、気をつけねばなりません。陽のあたった所で寝る癖があります。
    宮城キツネ村ですね。狐は夏毛の生え変わりの時期なら、毛並みは、少しボサボサかもしれないですね。完全に夏か、完全に冬の方が、毛並みが綺麗ですね。
    ユキポン、そうだとしたら完全に元に戻るのは冬ですね。抜け毛のせいで、毛の伸びが進みませんね。ユキポンは栄養つければ、育毛促進と思っていて楽しいです。
    猫食はタブーな国が圧倒的ですね。そもそも肉食動物は、人間が食にしない事が多いので草食動物を食べる事がほとんどですね。
    猪を食べている方が珍しい気もしますから、きっと食べた事があると思いますよ。
    食物連鎖の頂点の人間の方が得な気もします。
    掲載はしていないですが、羊ステーキは写真に撮りました。出したら、エグいですかね(笑)

  9. TETURO より:

    こんにちは(^-^)
    ユキポン様、毛が伸びてきましたね!
    寒くなるまでにはフサフサ復活しますね。
    夏場は涼しくて今年は過ごしやすいかなぁ(o^^o)
    でも、冷房には無防備かなぁf^_^;)
    ウチのは、毛が抜けまくりで日々ケアに追われてます。
    初めてなので思ってた以上に冬毛が抜けてテンヤワンヤです(^_^;)
    羊がいるとこでジンギスカンは定番なのでしょうか?
    北海道でも、クラーク博士の銅像のある羊がいるとこで
    数回ジンギスカン食べました。
    確か、国産ではなかったと思いますが
    美味しく食べた記憶があります(^◇^;)

  10. ウィリアム王子(本人) より:

    ありがちだよね(笑)
    こっちもつぶれちゃったけど「いのしし村」っていうレジャー施設あったよ
    うり坊のレースとかやってちびっ子集めてたみたいだけど、普通に猪料理出してたらしい。

  11. ウラジーミル・アスポン より:

    TETURO様:
    ユキポンさんは毛はだいぶ伸びてきて、地肌は見えなくなりました。
    秋ごろにはかなり復活が見込めそうです。
    夏と言っても必ずしも熱いだけではないですね。短くなり過ごしやすいかと思いきや冷房の冷えの問題もありましたね。飼い主は注意しないといけないですね。
    銀時ちゃんは抜け毛の時期なのですね。この時期、鹿とかの野生動物でも同じように抜け毛が多いので、そういう時期ですね。銀時ちゃんはわりにフサフサしてますから・・・。
    北海道でも羊のいる所の側で、北海道名物ジンギスカンをやっていましたか・・・。
    そこの羊を使ってないにしても、羊の側で羊料理なんですね。きっと羊を扱う場所ではジンギスカンは定番なんですね。
    六甲牧場に行った話をすると、ジンギスカン食べたか、祖母は誰かに聞かれたそうです。
    尚、今回はジンギスカンでなく、日本料理を食べましたが、この記事を出した前日に冷凍食品のジンギスカンを食べています。今度、牧場に行ったら、食べてみたいです。

  12. ウラジーミル・アスポン より:

    八兵衛様:
    2008年に「天城いのしし村」という所が確かに閉園したみたいですね・・。
    イノシシだけの集まるレジャー施設とは面白そうなのに残念です。
    確かに「うり坊のレース」とかのようなちびっ子の喜ぶものもありますね。それに可愛いイノシシによるショーもあり、さんざん「可愛い、可愛い」と言った後に、猪汁のうどんとかを食べるのは、どうなだろう?と思いますが、さも当たり前のように猪料理が施設内にありますね。
    さんざん猪の姿を、見学した後ではためらわれるような・・・。でも猪は珍しく滅多に食べる機会がないので、ここで食べないと食べるチャンスはないと思うと、結局は食べてしまうのでしょうね。
    羊にしろ、猪にしろ、こういう事はありがちなんですね。
    牧場の羊やイノシシ村にしても目の前に、その食材である動物がいる場所で食事したら、遠くから運ぶより、ずっと鮮度も良いに違いないので、より美味しそうですね。
    もしかして、目の前の牧場から肉を供給したとは限らないけど、一見、鮮度とか良く感じます。

  13. メーテルピンク より:

    おはようございます。
    楽しいイラストですね~
    またもや、例の写真が出て、可笑しくてしかたがないです。

  14. nacchi0000 より:

    確かに羊と戯れた直後にジンギスカンかぁ~って思っちゃいますね
    でもラム好きなので、きっと食べるかな(笑)
    ユキポン、毛が少し伸びてきましたね
    フサフサになるまで、今しばらくの辛抱ですね

  15. ウラジーミル・アスポン より:

    メーテルピンク様:
    朝早くありがとうございます。
    毛刈りネタを私はユキポンには悪いのですが、心から楽しんでいます。
    絵も楽しみながら描いたので、それが伝わったようで何よりです。
    楽しそうにソマリのプリン先輩が毛を刈る姿は、私自身のような感じです。実際、剃ったのは獣医さんでしたが、私は、バリカンでユキポンが刈り上げられる様子を、とても面白いものとして観察しました。写真も動画も撮りました。
    ハゲハゲユキポンの写真、同じ写真を何度もネタにしてしまいました。
    ハゲって笑いのネタになりやすい気もします(笑)。

  16. ウラジーミル・アスポン より:

    nacchi様:
    そう思いますよね・・・。羊が放し飼いにされていて牧場内、自由に触れ合えスキンシップもとれるんですよ。さんざん羊と戯れた後で、羊の肉料理、ジンギスカンはえぐいなと思いましたよ・・・。
    結構、大人しくてとても可愛いんですよ。
    それは、されおき、羊はやはり美味しいので、食べてしまいます。この記事を書いた日にラム・ステーキでしたから・・・。
    牧場では、羊を食べなかったのは、同行者が羊の肉が癖があり苦手だからです。
    牧場に近い六甲ホテルはジンギスカンで有名ですが、フランス料理を食べるつもりでした。しかし、混んでいて、やむなく懐石料理になりました。
    ユキポン、毛が伸びて、元の姿に近付いてきました。ハゲ・ユキポンも気に入っていたけど、チンチラはフサフサじゃないと、やはりいけませんね。

  17. ウラジーミル・アスポン より:

    しゅぅな 様:ナイスのポチ♪ありがとうございました。

  18. aut*gla**wande* より:

    羊さまへ懺悔
    嗚呼・・・羊様
    下僕も数日前に貴方達を咀嚼し飲み込んでしまいました。
    現在は消化されてしまいましたが、お陰様でストレス解消に良いとされるビタミンB1を接種させていただきました。
    しかしながら、ユキポンちゃんは毛刈りをされて、とても涼しくなったご様子ですね。今まであった綿菓子のようなフワフワ毛がないと少し寂しいような気がしますが…これで快適な夏を過ごせるのであれば良いですね🎵
    背景のプリン先輩がお茶を持つ姿はいつも癒されまくります♡
    「ほっと一息つけばいいニャン~」って言ってくれているようで、「あらそう?じゃあ、お言葉に甘えて~」なんて下僕は返すものの・・・
    「オマエなんかに、この高級玉露茶は飲ませないニャン」
    と激しく拒否をされそうです。
    摩訶不思議な一人コントさせていただきました。チンプンカンプンだと思いますのでスルーちゃって下さい(〃艸〃)ムフッ

  19. ウラジーミル・アスポン より:

    > aut*gla**wande*さん
    羊の肉お召し上がりになったんですね。
    でも下僕さんの糧となり体内にとりこまれ、羊さんは下僕さんの一部として今後生きていく感じになりますね・・・。
    ↑別に、牧場で羊を見つつお召しあがりになったわけではないですよね・・・(^_^;)。それはさすがにエグいような・・・。
    ユキポンの毛刈り姿も、もう一年以上前の出来事ですね・・・。私はこの短いユキポンも頭ばかりデカい感じでユニークな感じがして結構気に入っています、でもチンチラペルシャ特有のフワ毛がないのはみじめな雰囲気でもありますね。でも夏は快適な気もします。
    ブログの背景画像・・・。目を止めて頂けて光栄です。
    猫様は高飛車な動物ですから、自分からお茶に誘ってもツレナイ態度な事もありますね。プリンちゃんから丁寧な接待を期待したい場合は、彼女の好きな鰻の蒲焼きでも用意すれば完璧ですよ(#^.^#)
    高級玉露茶にさらに高級な和菓子もつけてくれるかもしれません(#^.^#)
    摩訶不思議というか、ユーモアあるコメントに笑わせて頂きました(ΦωΦ)フフフ…

コメントを残す

イラストの関連記事

Twitterでフォローしてニャ♪

おすすめの記事