昨年の今日【2009年12月1日(火)】に、
愛猫プリンちゃんが6歳9ヶ月と3日で、惜しまれつつ世を去りました。
あれから、今日で1年も経ちました。月日が経つのも早いものです。
現在では、プリンちゃんの後輩として動物愛護センターから
引き取ったキジトラのマリモちゃん(約1歳3ヶ月)と
プリンちゃんと同じペットショップで見つけたチンチラの
ユキポン(約1歳4ヶ月)と暮らし、我が家の猫環境も変化しました。
プリンちゃん以外の猫を飼って、ますますプリンちゃんという猫の個性に
気付きました。
猫というものは、プリンちゃんに限らず全て、えもいわれぬ良い匂いだと思い込んでいたけれど、
必ずしもそうでもないとプリンちゃん以外の猫を飼う事によって知りました。
マリモちゃんは、可もなく不可もない匂い(無臭)で、
ユキポンは、生乳やチーズ、時にトロピカルフルーツのような匂いです。
2ニャンともお腹は、そこそこな匂いだけど、プリンちゃんほど素晴らしい香水の原料のような
えもいわれぬ良い香りはしません。
猫の匂いは、猫によってそれぞれという事です。性格にしても、新たに飼った猫も同じ猫はいません。
今でもプリンちゃんの甘い、えもいわれぬ匂いをはっきり覚えています。
カメラを向けるとカメラ目線でばっちりポーズを決めてくれた自信家の可愛いプリンちゃん。
亡くなる数日前で、やつれていてもモデルのように目線をカメラに合わせ
最期まで、あくまで女の子なところが可愛かったです。
プリンちゃんに又、会いたいです。命日の今日はプリンちゃんが家に来てくれますように・・・。
プリンちゃんを偲んで、我が家では内輪だけのささやかな法事を、
プリンちゃんの命日より早めに休日で皆の都合のいい11月28日(SUN)に行いました。
前日に花屋さんに行き、御供えの花を買いました。
プリンちゃんのイメージに合う黄色、オレンジ系にしました。
去年、プリンちゃんの葬儀の際、プリンちゃんの身体の周りに飾ったまん丸なボールのような
黄色の菊を買いたかったのですが、去年と同じ店で、ほとんど同じ時期なのに
黄色い丸い菊がなくて残念です。
それで、黄色とオレンジ系というプリンちゃんのイメージカラーは守りつつ、他の花ですませました。
お料理は、仕出し屋さんに法事にふさわしいお料理を注文しました。
注文した料理には御飯が付いてません。だから、どこの地方の習慣かは分かりませんが、
法事の際に食べるという「黒豆御飯」を母が炊きました。
「黒豆御飯」を炊きたてで食べると、黒豆の成分のおかげで御飯が弾力性が出て
モチ米のおこわのような食感で、ただの御飯がとてもおいしいものに変貌します。
後、プリンちゃんの遺影の前に生前、大好きだった「ウナギの蒲焼」と「海老」を
御供えしました。亡くなる前は、あらゆる食べ物を拒んでもウナギは食べていたほど
ウナギが好きでした。
後は、行事に欠かせないケーキも御供えとしました。行事といっても法事だから
変ですが、何もないのも寂しいので、ケーキの中でも、プリンちゃんも
食べれるレアチーズケーキが御供えです。
今回は、法事なので、居間ではなく和室を利用しました。
ちょうど、畳を11月に新調したのも普段と違う部屋で食事する理由です。
和室は普段、寝室にしているので布団を全部、私の部屋に運び
スペースを空けて、コタツ机を運びました。
コメント一覧
  1. aicyo より:

    もう一周忌ですか…月日が過ぎるのは早いですね。
    プリンちゃんを偲んでの法事。ご家族の温かいお気持ちが伝わってきます。
    きっとプリンちゃんも喜んでくれていることでしょう。
    マリモちゃんとユキポンちゃん、豪華なお料理にビックリしているかな?(*^v^*)

  2. チャミママ より:

    あっという間の1年でしたね。今日、プリンちゃんはきっと、プリンママさんの傍に来ていると思います。ご家族の皆様のお心遣いにプリンちゃんも喜んでいることでしょう。ポチ。

  3. sak*ras*ku*00*nen4*atu より:

    aicyo様:
    いつの間にか1年も経ち、今年も、もう後30日ですね。
    マリモちゃんとユキポンは、普段と違う雰囲気が苦手なので
    写真を撮った後、別な部屋に逃げています。
    先輩猫の法事なのに困ったものです。

  4. sak*ras*ku*00*nen4*atu より:

    チャミママ様:
    ポチ、ありがとうございます。本当にプリンちゃんが12月1日は側に来ている気もします。亡くなる間際のプリンちゃんがよく食べていたレトルトのウナギ茶漬けを今朝は、家族全員食べました。そして、このレトルト鰻を命日なので、再び注文し、プリンちゃんが最期に食べた苺クリーム大福も注文しました。

  5. 綾波マミ~ より:

    そうでしたか・・・。プリンちゃんが亡くなってもう1年なのですね。プリンママさんのブログを見ていると、プリンちゃんはまだ生きているような錯覚を覚えます。
    こうやって偲んでくれるから、いつも傍に居るのではないでしょうか。そんな気がしてなりません。
    今ラスカルがきて、PC上のプリンちゃんのお写真をじ~っと眺めていました。何か感じるのかも。

  6. sak*ras*ku*00*nen4*atu より:

    綾波マミ~様:
    これからも、我が家の長女猫として、まだ時折登場させる
    つもりです。新しい写真が供給できないのは残念ですが・・・。
    ラスカルちゃんがプリンちゃんの写真を見てたのは、ソマリ同士
    似ていますから、もしかして自分の写真?と思ったけど、
    こんな首飾りした事ないし、変だニャ~と思ったのでしょうか・・・。

  7. 天使と猫 より:

    こんなに立派に法事をやってもらって、プリンちゃんもそばに来ているかな。

  8. - より:

    プリンちゃん、6歳9か月、うちのクーすけと同い年ですねー。早死にして可哀想!猫は無臭といいますが、ぷりんちゃんはいい匂いだったのですねー。一周忌の法事、盛大ですねー。冥福をいのります。

  9. sak*ras*ku*00*nen4*atu より:

    天使と猫様:
    法事の料理は、いわゆる法事によくありがちな菜食中心&少しの
    魚メニューですが、ウナギや海老などの大好物が御供えして
    あるので、食べにきてくれる気がしています。

  10. sak*ras*ku*00*nen4*atu より:

    クーすけ様:
    クーすけちゃんは現在6歳なんですね。白猫のクーすけちゃんは、見るからに清潔なクリーンアニマルという雰囲気ですね。猫は綺麗好きで、動物を飼っていても家が臭くならないからいいです。二匹いても臭いません(^.^)。プリンちゃんの法事は、畳の張替えをしたばかりの和室で行い青畳の清涼感がいい匂いでした。

  11. *ゴロ より:

    立派な法事だにゃ~。プリンちゃんの好物、うなぎも!!
    きっと食べにきてくれた事でしょう。
    猫のにおいはホントそれぞれですよね。
    うちもサクは落ち着く香りだけど、ウメは臭いような気がします。
    ウチに来たばかりの頃はフードのせいで、体臭も便も吐きそうなくらい臭かったです。これは旦那も認めているけど、最近は無臭に感じるようで、嗅ぐ側の愛情の問題ではないかと言ってました。
    微妙に違うのにね!

  12. KAN より:

    プリンちゃんはほんとうに愛されていたんですね~、
    こんなに立派な法事をしていただいて、本当に幸せなニャンコちゃんでしたね、
    お元気になられて良かったです、
    ポチ☆

  13. かいざぁー より:

    ペットとして、一番の供養は思い出してあげることだと思ってます。
    プリンちゃんも天国で自慢していることでしょう・・・

  14. あかちん より:

    これだけ愛されていたら、プリンちゃんもきっと喜んでますよ(・∀・)
    あかちんもこんな愛され方したいなぁ・・・

  15. sak*ras*ku*00*nen4*atu より:

    gorogoro様:
    猫の匂いは、猫自身の体臭だけでなくフードの影響は大きそうです。プリンちゃんをペットショップから連れて来た時、くさい半生タイプのフードのせいで、臭い猫でした。洗って、違うフードに変えたら、
    いい匂いになりました。

  16. sak*ras*ku*00*nen4*atu より:

    Kan様:
    プリンちゃんは、長女のようなものですから、いない今も尊重していきたかったりします。ポチ、ありがとうございます。今は、マリモちゃんとユキポンのおかげで、癒されています。

  17. sak*ras*ku*00*nen4*atu より:

    かいざぁー様:
    プリンちゃんの為に用意したウナギや海老などがあるので、天国にいても食べてくれると嬉しいです。今頃、天国の他の住人(住猫)に羨ましがられているところを想像してしまいます。

  18. sak*ras*ku*00*nen4*atu より:

    あかちん様:
    ちやほやされるのが好きな猫たんなので、本当に喜んでいそうです。
    あかちん様も、お祝いとかをしてもらうの好きな方なのでしょうか(^.^)

コメントを残す

Twitterでフォローしてニャ♪

おすすめの記事