これは私の好きな猫映画の1つで、「誘拐騒動ニャンタッチャブル」です。
出演猫は、たぶん、メインクーンだと思うのですが、よく分かりません。
人間の出演者は、「耳に残るは君の歌声」に出てた“クリスティーナ・リッチ”です。
 ディズニー映画なので、レンタルビデオ店でも借りられると思います。
 私はディズニーチャンネルを視聴しているので、DVD-RAM1枚に
この映画1本だけ入れて高画質で録画して何回も見ています。
 
 先に私が以前、記事に書いた「キャッツ&ドッグス」のように
猫が擬人化されていて、喋るわけではありません。
 
      ★★★★★あらすじ★★★★★
 誘拐されたメイドが身につけていた時計を猫のD・Cが
飼い主(クリスティーナ・リッチ)に見せました。
 飼い主の女の子が、猫のD・Cが誘拐されたメイドの監禁されている場所を
知っている重要参考人と考え、FBIの捜査官の
もとへ、その話を持っていきます。
 猫のD・Cの夜の散歩をFBIの捜査官達が追跡して、誘拐された
メイドの救出をしようと考えるけど、猫のD・Cの散歩は
気まぐれで、必ずしも誘拐されたメイドの場所へは案内してくれず
 FBIの捜査官は、猫のD・Cに振り回されるというドタ・バタコメディです。
 もちろん、最後は猫のD・Cを追跡によって、誘拐された女性を
救うことに成功して、ハッピー・エンドです。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 この映画に使われている小物類に注目すると、面白いです。
 主人公の女の子のベッドカバーが猫の柄で、主人公のお母さんが
猫の柄の洋服やアクセサリーを身につけています。
 猫グッズに囲まれているのです。
 さらに、主人公のお母さんが、映画の中で、お父さんと見に行ったのが
ミュージカル“キャッツ”や“キャットショー”です。
 
 猫を飼っている家庭は家の中も生活も猫に毒されている
様子が面白いし、私も猫グッズが家に増え、猫のブログをし、
猫映画のDVDや猫の写真集が増えているので、
共感を感じました。

 

Twitterでフォローしてニャ♪

おすすめの記事