キツネ検定」とは最高ニャ・・・(=^・^=)

 

 

 

フォックス(狐)・キャット(猫)とも異名を持つ猫種・・・
ソマリ猫のプリンちゃんニャ!
 
プリンちゃんのファンだけでなく全国のキツネ愛好家の皆さんに朗報ニャンよ!
「第1回 キツネ検定」が今年の9月にも開催されるらしいニャ!
 
いろんな検定が今あり、現在はまさに検定ブーム!
 
たとえば3/25(SUN)には、「第2回 ねこ検定」があるらしいニャ!(飼い主は第1回の去年に初級を受験)
それに、当然、猫があるなら「犬検定」もあり・・・
 
 
検定の種類は様々で「進撃の巨人検定」「NARUTO-ナルト-検定」など漫画作品の検定まであるニャン。
あまりに多種多様な検定があるからキツネの検定もあるんじゃにゃいかと思ったら、やっぱりあったニャ!
 
《下は、検定サイトから拝借した「ちらし画像」》↓

 

プリンちゃんの住む里山にはキツネさんもいっぱい住んでいて、プリンちゃんはキツネの子供に間違えられ、キツネのお母さんから食べ物をもらったりするほどニャンよ・・・。
 
だから当然、プリンちゃんも「キツネ検定」は、キツネさんの仲間として受けるニャン・・・。

 

プリン先輩の同居猫の後輩のキジトラ猫のマリモにゃ!
先輩や・・・我々の家の裏山に住むコン太君は大喜びしているけど、この「キツネ検定」は、失敗の予感がするニャンよ。
先回の記事を読んだ人は、知ってるかもしれないけど、我々の飼い主が受けた検定「シ〇クロード検定」は、大失敗の検定だったニャン・・・。

検定として人気がなく、受験者数は大阪会場の2級試験では、わずか12名ほどニャ・・・。
「キツネ検定」で受験者がちゃんと集まるか疑問ニャ・・・。
猫好きは腐るほどいるけど、キツネ好きは、あまりいないニャンよ・・・。
この「キツネ検定」・・・赤字運営になりそうで、今回限りで終わりで、下手すれば試験そのものが開催されるかも危ういニャ!

受けたいと言ってるプリン先輩にしても受験会場は「仙台」と「東京」だけなのに、受験はかなり厳しいニャ~よ。もっと最寄りの会場でやっているといいけど、人気の「ねこ検定」と違い、主要6都市でやる事は期待できないニャンね・・・。

 

「キツネ検定」に夢中なソマリ猫で別称フォックス・キャットのプリン先輩に勝手に検定試験の申し込みをされてしまった後輩猫のキジトラのマリモちゃん&チンチラシルバーのユキポンちゃん・・・。
フォックス・キャットでも何でもない普通の猫の2ニャンには試験勉強しなければならない羽目になり迷惑な話です。
         (飼い主ウラジーミル・アスポン談)

 


しかし・・・プリン先輩の言い分は・・・

 

プリン先輩の仰るようにフォックス・キャットでもない・・・
その他の「猫」でも、実は「キツネ&猫」は結構、共通点が多いのです。
キツネはイヌ科でありながら、むしろ「犬」以上に「猫」に性質が似ています。

猫とキツネの共通点

 

●キツネの瞳は、猫と同じく瞳孔が縦長・・・。
同じように夜行性の為、暗いところで目がきくので似た瞳なのです。
 
●猫と同じくキツネもザラザラの舌
犬に舐められても気持ちいいけど猫に舐められると痣になる事もあるぐらい、猫の舌は舐めニャンされると痛いです。
 
●犬は群れで狩りをするけど、キツネは基本的に単独・・・。
キツネは、猫と同じように潜んで一気に襲うパターン。
 
●猫と同じく野ネズミ等を捕食・・・。
多少、他のイヌ科と同じく雑食なものの限りなく肉食なのがキツネで、稲をネズミなどの害獣から守る点で益獣でもあるそうです。
●キツネも猫も文化面で扱われ方に共通点があります。文学等における妖艶な女性や妖怪的なイメージと・・・。一方ではお稲荷さんで神格化されて称えられている状況・・・。
猫も化け猫や色気のある女性のイメージでもあり、同時に招き猫などの神でもありキツネと猫は似たもの同士です・・・。

 

・・・というわけで狐猫のプリンちゃんでなくてもキツネと猫は似た者同士なので、「キツネ検定」は受けなきゃいけないらしいです・・・(~_~;)。
それにしてもプリン先輩は強引です。
プリン先輩は「キツネ検定」を成功させる為にも、受験者を増やそうと思ったのです。だから、マリモとユキポンを強制的に検定に巻き込んだのです。
「キツネ検定」がマニアックで、受験者の人数が少なくなりそうな事は英明なプリン先輩には分かっているのです。
 
里山のキツネさん達は、大喜びで※全員「キツネ検定」を受けるにしても、それだけでは受験者数が足りません・・・。
※全員と言っても赤ちゃんキツネは試験出来ないので除外・・・
プリンちゃんは「キツネ検定」の受験者を増やす為に・・・。
里山の動物達に「キツネ検定」を受けるように呼びかけてみる事に・・・。

賢いプリン先輩は、里山の動物達の間では村長さんの役目を担っていました。里山の動物達全員から尊敬される存在ですから、「キツネ検定」の受験者を増やす効果は絶大でしょう・・・。
 

「キツネ検定」の会場・・・東京と仙台

「東京」「仙台」のわずか2会場しかない「キツネ検定」・・・。
試験会場の細かい場所は検定の数週間前にならないと分からないニャン。
どちらの会場にしてもプリンちゃんの住む里山からは、かなり遠いニャンよ・・・(-_-;)。

 

2会場共、日帰りは厳しいニャ・・・。
検定は旅行に近い宿泊を伴うものになりそうニャ。どうせ遠いなら宮城県の「仙台会場」の方が断然いいニャ!
 
宮城県には、キツネ好きにとって良いキツネ専門の動物園「宮城蔵王(みやぎざおう)キツネ村」が白石市にあるニャン♪
検定のついでに観光できるニャンよ・・・。

 

「宮城蔵王キツネ村」(みやぎざおうキツネむら)は、同じ宮城県とはいえ、仙台から結構、遠いニャンよ。最低でも、1泊2日か2泊で予定を立てないと無理ニャン・・・。

「キツネ検定」の翌日か前日に観光する方が無理がなく、検定と同じ日は、キツイかもニャン・・・。

 

しかしお金かけて仙台まで来たら、ついでに観光しない手はないニャ!・・・(ついでには、やや遠いけどニャ)

100匹以上のキツネさんを放し飼いしている日本でも稀なキツネ好きの天国にゃ♪
宮城蔵王キツネ村公式サイト

 

キツネ村の売店は、当然、キツネ・グッズだらけニャンよ。
キツネ村オリジナル・グッズのみならず、いろんな所から集めたキツネ・グッズが大集合ニャンよ・・・。
 
キツネ・グッズ専門店は、もしかして日本でもキツネ村の売店ぐらいかもしれないニャンね・・・。猫グッズは専門店の存在も珍しくないけど、キツネは、本当に珍しい為、ついつい売店のグッズをたくさん買いたくなるニャンよ。
「キツネ検定」に行き、キツネ愛を証明する試験に挑み・・・。
そして検定ついでの観光には「宮城蔵王キツネ村」で本物のキツネさんをたっぷり堪能する事をおススメするニャ・・・。
 
「キツネ村」は、普段、里山でもキツネと触れ合っているプリンちゃんにとっては、それほど新鮮味はないものの、普段、キツネが好きでもキツネを直に見る事もない全国のキツネ好きの同志諸君には、検定と共におススメにゃんよ♪
 
2018年9月16日(SUN)の「キツネ検定」が待ち遠しいニャンね・・・。フォックス・キャットのソマリ猫のプリンちゃんは、裏山の狐のコン太君や同居猫の後輩のマリモやユキポン・・・。
そして里山のあらゆる仲間と共に「キツネ検定」に行くニャン!
 
 
 
 

そして・・・

 

今回の「キツネ検定」の記事は、キツネ愛好家の方からキツネの写真を多量に提供していただくなどの御協力を得て、書き上げました。 「プリンちゃんの里」の里山の動物さん達も含め御協力、大変、感謝致します。
「キツネ検定」は、キツネ愛好家がうんと増えれば実施される事も夢ではありません。実施に向けて、全国のキツネ愛好家が努力すれば実現可能です。それに大きな検定運営会社でなく有志の者を募って、実施してもいいでしょう。
            (ウラジーミル・アスポン)

応援ポチ♪して下さると嬉しいニャンです!(*´艸`*)
にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ    
    ペットの森 - ペットブログランキング  

コメント一覧
  1. anne より:

    本当色々な検定がありますね。
    今度はキツネ検定を受験なさるんですね。
    うん、うん、ソマリはキツネに似ていて親近感がわきますね^^♪
    前にテレビでキツネ村見た事があります。
    キツネと触れ合える夢の様な場所だぁ~!と、
    母と行ってみたいと大騒ぎした事があります(笑)
    たしかキツネさんは夏毛と冬毛だと見た目が随分違い、
    冬毛の方がフワフワで触り心地も良いらしいのでどうせなら冬に行きたいねぇ~と話てたのを思い出しました^^♪

  2. anne より:

    キツネのTシャツ着ているプリンちゃん可愛い^^❤
    ウラジミールさん、キツネ村行った事があるんですか?

  3. ウラジーミル・アスポン より:

    anne様①:
    実は、あったらいいなぁという架空検定記事です・・・(;^ω^)。
    紛らわしくてすみませんm(__)m。
    狐愛好家のブロ友さんがいまして・・・。
    前のシルクロード検定の記事の時に「キツネ検定があったら」というようなコメント頂いた事などからやってみました。
    ちょうど御本人撮影のキツネ写真DVDを頂いた矢先でした。
    写真提供のブロ友さんが観た場合、即座に、私が頂いた写真で勝手に作った「検定チラシ」だと分かるのですが・・・。
    その他の訪問者様には、超・紛らわしかったですね・・・(;・∀・)。
    ソマリは、狐に似てますよね。
    フォックス・キャットという異名もありますし・・・。
    「キツネ村」はanneさんも、ご存知でしたか・・・。私は、一度だけ行った事は、あります。
    だから「お土産コーナー」は私撮影の写真です。
    キツネの「抱っこ体験」で愛らしい子狐さんと触れ合う事が出来ました。
    園内で写真は撮り放題でしたが、売店でキツネ村の写真集を買いました。プロの写真は出来がいいです。

  4. ウラジーミル・アスポン より:

    anne様②:
    狐さんは、夏毛より冬毛の方がフワッとしていて可愛いですね。夏毛の時はずる賢い感じで冬は癒し系ですね。ただ、キツネ村は東北の蔵王なので冬は結構、寒そうです。でも近くにスキー場があるので、冬だとスキーも楽しめます。。
    キツネのTシャツを着たプリンちゃんの写真は、合成写真です。
    プリンちゃんが実際に黒いTシャツを着た写真があったので、キツネ柄の部分を私が着た写真から合成して貼り付けました。
    売店のTシャツは、ペット用は売ってないものの、子供用があったので、リサイズすればネコ用に出来ると思います。
    最新の記事、見たところルンちゃんが、カラー初めてというのは意外に思いました。
    避妊手術等でカラーをされた事もあるのでは・・・・と思ったからです。

  5. ウラジーミル・アスポン より:

    anne様③:
    でも、それは飼い始めて最初の方の事ですし当たり前っぽい話なので除外されたとしたら、確かに初めてですね・・・。
    うちではマリモちゃんは、避妊手術以外では、じゃれ合いの際、目をユキポンの爪にやられた事もあって、治療の間、カラーつけていたぐらいです。
    カラーをマリモちゃんがすると、普段は相棒のユキポンがマリモちゃんを嫌がります。
    マリモちゃんに威嚇されたと思うからかもしれません。自然界ではタテガミがボワッとなる時、襟巻トカゲのエリが広がる時は敵を威嚇する時なのですよね・・・。
    カラーをやったルンちゃんが他のジェルちゃんやみんちゃんに嫌がられていないのかも疑問です・・・。
    カラーは鬱陶しそうで、ルンちゃん、大変ですけど包帯していても猫だから舐めて外そうとするので、致し方ないのですよね・・・。
    一日も早く回復する為にも包帯してなきゃいけないですね。

  6. メーテルピンク より:

    こんばんは。
    これからも、色々な動物検定が出そうですね。
    (憶測ですが)主催者がトニカク色んな検定を連発して、
    人気が有るのを探っているのでしょうか?
    試験官に福岡のとある御方が現われたらウケますね。

  7. 紅玉 より:

    いろんな検定があるものなんですね!
    宮城のキツネ村はわたしも存じております。
    エノキコックスの心配がなく、キツネさんたちと触れ合えて、珍しい銀狐もいるという・・・
    ああ〜なんだか油揚げ食べたくなってきました!
    招き猫の中に紛れ込んだユキポンちゃんがあまりにもナチュラルなので一瞬わかりませんでした。お隣の狐さんも、白い毛並みに紅の隈取りはかっこいいです!

  8. 藤川祥久 より:

    途中まで本当にそんな検定があるのかと信じていました。
    夢オチで終わったのが残念なものの、そういう検定を受けるついでに遠方まで小旅行、というのも楽しそうなものだと思いました。
    ちょっとしたテーマパークと検定というと、福岡の某山中にも忍者村というのがありまして、忍者検定なるものが実施されていたと聞きます。
    今は廃墟となり、心霊スポットと化しているのですけれどね。
    次回の記事も楽しみにしています。

  9. ウラジーミル・アスポン より:

    メーテルピンク様:
    これは福岡のとある方が前回の記事に「キツネ検定があるといい」というような内容のコメントを入れたので書いた架空の検定記事です。
    検定チラシの写真のキツネの写真は・・・そのとある方の撮影した写真です。(データを頂きました)
    他の検定のチラシを参考に本物っぽく仕上げました。
    い〇あ〇〇様には、すぐ架空と分かるけど、他の方には紛らわしい内容でした。
    最後の画像に「キツネ検定」の事は、プリンちゃんと友達のキツネのコン太君の夢でしたという「夢落ち」を表現したつもりでした・・・(;´・ω・)。
    分かりにくかったようですね・・・(-ω-;)ウーン。
    でも、調べがつかなかっただけで、キツネ検定は過去にあった可能性もあり・・・。
    もしくは私の知らぬ検定団体で今後やる可能性もあり、何とも分からずです。
    確かツイッターで、信憑性は不確かですがフクロウ検定が行われるというツイートを見ました。流行りの動物で梟カフェもあるので実際に検定を行う可能性はあります。
    カニ検定は、過去に存在していて、受験料3万で蟹食べ放題付きでした。
    恐竜検定も実在します。

  10. anne より:

    あはは~、キツネ検定架空なんですね(笑)
    ルンとジェルが避妊手術した時はカラーもせず、手術服も着ず、縫い跡そのままの状態で大丈夫と言われたのでカラー付けるのは今回が初めてなんです。なので、カラーを付けたルンが相当メンタルやられちゃって心を閉ざした状態になってしまったのでジェルはルンに近づけない状態でしたぁ~

  11. いぬあたま より:

    こんばんは!
    いぬも…てっきり本当にある検定!?って思わず検索してしまいました。
    (^▽^;)
    自分が撮った写真って、結構忘れてる物なんですよね。
    前の記事のうなぎのお話の続きかと思いましたが…
    別話なんですね。
    アスポンさんのきつねのTシャツを見て自分の物は何処に置いたかと、焦ってしまいました。
    (結構物を無くす性質で)

  12. ウラジーミル・アスポン より:

    紅玉様:
    すみませんm(__)m。これは、架空検定記事でした。
    最後の画像で「夢落ち」のつもりですが、分かりにくかったですね・・・(;・∀・)。
    もっともらしく長々と交通や会場、ついでの観光などの情報もバッチリ記載してますから超・紛らわしいですね。
    宮城の「キツネ村」は紅玉さんもご存じでしたか・・・。
    エノキコックスが心配なのでキツネには普通は近づかない方がいいのですが、その心配がないキツネ村は、抱っこ体験も出来て楽しいです。
    銀ギツネは、狐以外の動物にも見えました。油揚げは本当の狐も好きだといいますね。
    毎月17日は稲荷の日のようで・・・。
    招き猫の中に紛れ込ませたユキポンさんに気づいて下さり嬉しいです。
    紅いアイラインなどを写真の上に描いたら招き猫そっくりに変身しました。
    お隣の白キツネさんは、本当は普通の黄色の狐です。しかし、明る過ぎる所で撮ったものか、白けていました。それを利用して、さらに画像編集ソフトでトーンカーブをいじり明るくして、後は紅の隈取りを描いたものです。

  13. ウラジーミル・アスポン より:

    藤川祥久様:
    こんな検定あったらという・・・夢落ちでした・・・。
    架空検定記事とはいえ、実存感を持たせる為にチラシは本物の検定のチラシを参考にしました。
    「キツネ検定」が実際にあっても、この間、私が受けた「シルクロード検定」のように受験者集めに運営は大変だろうと想像し、プリン先輩が村の動物達を総動員し受験者集めをするという話になっています。
    それに、マイナー検定の場合、会場は、2会場程度が限界ですよね・・・。架空でも、現実に感じるような状況設定をとことん考えてみました。
    尚、「シルクロード検定」は、2会場しかないので、検定のついでに観光旅行するというツイートを見たのを参考に、「キツネ検定」ついでに旅行という筋書きにしました。
    本当だったら、検定&旅行で面白いのですが・・・。
    「忍者村 福岡」で画像検索したら有名な廃墟スポットですね。
    確かに怪しい面妖な感じです。
    しかし、2016年3月に更地になり残念ですね!
    忍者の検定というのがそこで行われていたのですね。テーマパークが関与する検定は、検定ついでに遊べていいですね!

  14. ウラジーミル・アスポン より:

    anne様:
    架空ですがあるといいなぁという夢です・・・(;・∀・)。
    ルンちゃんジェルちゃんは、手術の際、カラーも手術服も無しだったのですか・・・。動物病院によって色々と違いますね。縫い跡もそのままで可なら、きっと、抜糸もいらないやり方だったのですね。昨今は、身体に溶け込む糸を使用している可能性もありますね。
    カラー、大きくなって、精神も完全に出来上がっている年齢から初めて経験するのは、しんどい気がします。
    ルンちゃんは、ジェルちゃんまで近づけないぐらい心が不味い状態なんですね。
    マリモちゃんは、カラーは鬱陶しそうではあったけど普通です。むしろカラーをやっていないユキポンの方がその姿のマリモちゃんを嫌いました。
    ルンちゃんが他の子に嫌われるのではなく、ルンちゃんが他の子を遠ざけるパターンなのですね。うちと逆ですね・・・。
    ルンちゃん、怪我だけでなくメンタル面も参っていて可哀想ですね・・・。
    猫に治療の大切さを知らせる事が出来ないのが歯がゆいですね。

  15. ウラジーミル・アスポン より:

    いぬあたま様:
    たとえ、架空でも実際に有りうる状況をめいっぱい考えて作った記事です。
    いぬあたま様は一目で「架空検定」と分かると思いましたが、御自分の撮影の写真でも、たくさんあると確かに覚えていられませんよね・・・。
    それに、キツネ写真は私が撮ったのも交じってますが、どれだったかというと、全部正確に記憶できませんし・・・。
    でもクリップの元ファイルのレイヤーを見れば、分かります。
    レイヤーに「いぬあたま氏撮影」と記載していますから・・・。
    鰻の話が放置状態でごめんにゃさい・・・m(__)m。でも、あの話は、プリンちゃんとコン太君が気まずい感じですね・・・。
    でも今回は、仲良しラブラブです。
    シルクロード検定のコメ欄に「キツネ検定があるといい」というような事が書いてあったので、こういう話に・・・。
    キツネ村のTシャツは夏物なので、現在、どこにあるのか謎です。
    見つけないともったいないです。黒の色合いが綺麗でスマートに見えるのです。元のTシャツの質が良いようです。

  16. Erina より:

    「えっ!キツネ検定!」すっごく珍しい検定ができたんだ!って思って楽しく読ませていただきました🎶😺確かにソマリのプリン先輩は里山のボスでキツネさん達とも仲良し、里山の動物達のドンなので、今回はキツネさんの活躍を願っての検定なのですね~🎶😺珍しいからキツネ好きさんにとってはもし本当にあったら、イヌ科とは
    いえ、キツネと猫の共通点もすっごいあってキツネは希少動物だから自然界で自由奔放に生きていてほしい気も。宮城蔵王キツネ村も行ってみました🎶😺プリン先輩、ユキポンちゃんの会話が楽ししかったです。ホントにあったら観光もできていいですね🎶😺

  17. ウラジーミル・アスポン より:

    Erina様①:
    「キツネ検定」は確かに珍しいですが、検定サイトを見ると、私の今回、記事にした架空検定より珍しい印象を受ける・・・存在している事が信じられない不思議な検定が多くて驚きです\(◎o◎)/!ハ〇ーキティ検定 ベ〇サイユのばら検定など。失礼ながら漫画の検定は取っても完全に趣味でしかないような・・・(;^ω^)。
    キツネは日本では稲荷大社が全国各地にあるので、検定はあっても、そう不思議とは思えないのですよね。それに漫画系よりは、動物学・日本文化の学問になるので、まとな検定な気が・・・。
    プリンちゃん自身はソマリでフォックス・キャットという異名も持つ猫種だからキツネ検定を盛り立てようとしているのもありますが、里山のボスだから異なる動物達でも協力し合うよう一つのイベントを皆で参加して、共同体の和を図ったんです。
    狐はイヌ科とはいえ、猫との共通点が多くて、性格、狩りの方法は、猫に近いですね。
    ネコ科もイヌ科も同じ食肉目ですし、そう遠くない関係ですね・・・。

  18. ウラジーミル・アスポン より:

    八兵衛様:訪問&ナイスのポチ、ありがとうございます。

コメントを残す

日記の関連記事

Twitterでフォローしてニャ♪

おすすめの記事